アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「為体・物」ETAI・BUTU〜湯沢茂好展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/22(火)まで、上郷のアートハウスで湯沢茂好さんによる「為体・物」ETAI・BUTU展が開催されている。
家の近くの沢から真実を見出そうと再現した作品の陳列

*撮影には作者の許可を得ています



入り口のパンフには「物が最もその物(在)へいたるには、行為が真空を泳ぐ時場で自然を産み落す痕跡が頼りだ、行為在に言語を終えた丸ごと一個は塊と為って在に、丸ごと一本も魂となって在に、在は無機のみ観して心に着く。」と言う一節があり、創作を含めた行為のない所に精神が宿る芸術として、または本質的な存在を求めているような印象を抱いた。
それは、一言で言い表せなず掴みそうで、納得することを許されない先を見続けるような果てしのない境地への探求心を想像させられる。
本人曰く、「制作意図等の行為を含まない作動によって、物の真意が見えてくる。対象をそのままよくよく観察することで、野生的な感覚が備わり、人間となり得る。この展示は、家の近くの沢を見て、そこにあった物を使って再現したもの。
「存在とは何か?」をテーマに制作しているが、物と行為の関係に於いて今回は「物に任せてみた」。
今後は、もっと物に入り込んでいく作品を創りたい。木の中に入り込んでいくような…。それを創作するのにも行為が頼りである。」

*写真はよりはっきりと見易いように多少の加工をしています。当然実際の迫力や立体感は伝わってきませんので是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆



哲学的な追求を続けている湯沢さん。その一寸の妥協を許さない表現の探求が言語表現にも現われている。
大学受験の難関校の現代文にも匹敵するような奥の深い表現をしている文章が作品の解説をしている
   

近くの沢の移り変わりを20枚の写真で再現。これがあるので状況の予想がつきやすい。


近付いてみると、竹かごのような物の駆逐跡や人工的なゴミも。これらを考慮すると、人間がもたらす自然破壊や時の流れをも包含している作品と言えそうだが、そんな安易な意味付けをするな!!と言われているような気がしてくる。
作者の探究心が深ければ、見る側の立場もそれに合わせて妥協せずに向き合いたい。
これらが、ここの場所に運ばれてきた意味合いは何か?どんな運命によって今私はこれらの物質と対面しているのだろうか?考え出すときりのないテーマだ!!
西村誠英 画跡体展
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
1/12(火)まで、上郷黒田のアートハウスで『西村誠英 画跡体展ー2010年のART跡体との出会いー身体開明ー』が開催されている。価値観に縛られない狙いの画跡体3点と額装1点の展示。
また、1月9日(土)の19時から21時30分まで西村さんとの話し合い(自由参加/無料)が開催される

*写真により実際と違う映りになっています。特に会場は暗かったので形状・色合いが再現されていません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

パンフレットの説明によると・・・
画跡体は、地上に出現した【もの】、それは時代文化の価値観にしばられた物(鑑賞物)ではない。
わたしは、この人間の価値世界を越えたる【もの】としての跡体が出現せる構造を現代ARTの場に求めている。
2010年の今、現化する(出会って観える)人・身体を開明せる実験的なるART跡体の一辺を、ここに提示します。

哲学的で難しい表現なのだが、価値観にしばられた物を越えるということは
常識を破ることであり、それをストレートに受け止めることは出来ないだろう。。。
観て感じたことから、一つの疑問を抱いて、自己の内面に問うてみる。
そんな見方と考え方をさせられる作品だ



側面から見ると


分かりやすいデザイン的な作品も・・・でもメッセージは重い


この空間に入って何を感じたか??
まず、喫茶店の喧騒と隔離された空間になっていて、それが現世の煩雑も遮断してくれているようだ。そこに現れたきれいとは言えない塊は、複雑な層になっていてまるできれい事では生きて行けられない宿命と重なっていく。
人が特に大人が何かに向かって行く時。自分の今の現状や性格を自覚して取り組む必要が出てくる。しかし、自分の力を自覚するのは苦労が居る作業だ。真に前向きに成るために必要な現状認識。
それを誘ってくれる力を与えてくれそうな感情を抱いた

荒川良子作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

26日(木)まで、高森の上県道沿い牛牧のミュージックアートカフェ「クィーン」で
『荒川良子作品展』が開催されている。樹脂粘土によるクリスマスを題材にした作品や花、流木と合わせた作品など約30点を展示している



樹脂粘土による教室も開いている荒川さん。
今回はクリスマスをテーマに掲げ、花や子供、妖精など自由な題材が並び楽しい雰囲気が
会場全体に広がっている。台に置かれた作品だけでなく、壁にもリースやツル状の作品が飾られていて、ボリューム感が出ている
また、今回は流木に人形や花をあしらう今までにあまり取り組んだことのない事にも挑戦していると言う。その作品は、人工的な物と自然物とがうまく調和されて互いの良さを上手く惹き出しているようだ 。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

きれいな題字の看板に右端に座るピエロが、荒川さんそっくりの顔に見える。
トランプが本当に飛んでいるように作られているが、よく折れたりしないなぁと不思議に思った


流木を使った作品で、サンタと妖精が実は身近なところに居るような気持ちにさせてくれる



ごちそうに食い入るように眺めている少女の表情がとても分かり易く、愉快な作品。
よく見ると、椅子の下にワンちゃんが居たり、細かい所まで再現しているところが見応えがある。
しゃがんで観ると、上目線から見る世界と違ってもっと作品の世界が広がって感じられる 


「仲良し」の水色の服の色が光沢があってとてもきれいな色合い
花を持っているのも、何かの物語が起こりそうな予感を抱かせる 


実際に花を生けているかのような作品。
伸びた茎が気持ちをスーとさせてくれる。

Do everything with nothing...
JUGEMテーマ:美術鑑賞

28日(火)まで、アートハウスで「 Do everything with nothing...(無を持ってすべて為す)」
松島拓良x岡田和子さんによるインスタレーション(空間芸術)

アートハウスの会場をいっぱいに使い、異空間を作り上げている
メインのドーム型をした骨格には青い光が当てられ、静寂さと冷たさが感じられる
その周囲を黒の毛糸が張り巡らされていて、足を踏み入れるのを拒んでいるようだ。
ドームの内部には人型に似た木製のオブジェが右端に置かれている。どこか心許なさそうだ。
ドーム型を松島さん、周囲に張り巡された毛糸は岡田さんが制作した。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

暗い場所により、写真がぼけています。ご了承下さい。

写真では上手く青色が出ていないが、反射してもっと輝いて見える。
眼の高さにある糸が複雑な心情の比喩のようにも見えてくる
奥の空間に興味が惹かれるが、そこに行かない方がいいようにも思えてきた。


腰を降ろして観ると、オブジェの存在感が強くなり、糸が天から見守っているような存在にも想像できる。




今回、会場に岡田さんが居て、「奥に行けるよ」と教えて頂いて
糸の間をくぐりながら奥へと行ってみた。(要許可)
はいはいして歩いている時は、まるでパビリオンの中に居るようだった。
奥にたどり着くと、青がもっとはっきりと見えて、店の灯りとも相まってきれいに見えた。
自分だけが得られた経験のようなエゴの気持ち良さのような感情も抱いた。


アートハウスを離れてから、タイトルの「Do everything with nothing...(無を持ってすべて為す)」を考えてみた。僕は、前向きな印象を受けて「無」と言うことに結びつかなかった。
と言う事は、まだ「無」についての見識が私には甘いのだろうと思い、また仏教等で用いられる言葉だけに逆説的な意味で、前向きなことと無とが隣り合わせなのか??等等。
タイトルによる語源でも考えさせられる展示であった。

今回の展示では、若者の鑑賞者が多いと聞いて、地元の関心の高さと広さ
パワーなどを知れて嬉しさと希望のようなものが感じられた
酒井孝 能面・切り絵展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

5/24(日)まで 『酒井孝 能面・切り絵展』が、高森のくましろホールで開催されている
能面20点、切り絵30点と獅子頭や能面を作る前の角材なども展示している



酒井さんは現在上郷黒田のゴルフ喫茶経営で、かつては下駄職人だった。
30年ほど前、能面師長沢氏春(人間国宝)の本を読み、同じ下駄職人から面打ちを始めたことに
共感を覚え、自分も同じ挑戦をしてみようと始めた。
能面には、型紙があり表情豊かに作るというよりは、如何に正確に再現されるかが問われると言う。
その型がある事が、下駄作りと似ているとも
また、20年前からは獅子頭も手がけ、地域の神社に25点ほど納めている

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「曲見」は、いくつか同じような女性の面が並ぶがそれぞれに決まりがあり、名前に合った違いがある。目の所がくり抜いてあり、ずっと見ていると独特な不気味な雰囲気が感じられる。また、紐をかけるところなどに使い古した感じまでもわざと表現している。


「般若」は、迫力のある顔の表情。髪の毛は描かれているのだが、一本一本細かく
実際に植えつけてあるようにも見えてくる。複雑な形態は、削るだけでなく部材を作って
貼り付けてその形を作り出しているという 


「髭びし見」は、含蓄のあるお爺さん。
ようく面を見ると、まばら色が肌に塗ってあったので、どうやって色付けをしたか?聞いてみた。
すると、「能面では、古色と言って下塗りの胡粉で凹凸をわざと残し、色を付けた後からヤスリ
で擦って年代が経った雰囲気を出している」と…芸が細かい!!


切り絵は数年前から「老いても楽しめる趣味を」と始めた。
どれも艶やかで鮮やかな色合いが印象的だった


普段見る機会のない、獅子頭の内側も見れる


今回の続きは、31日までの版画に見る印象派について
続きを読む >>
水川政利かっぱ細工展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

『 水川政利かっぱ細工展』が、立石の蓮華庵 南無のギャラリーに隣接している会場で開催されている。竹や木の切り株を用いて作った釣りをしているカッパを中心に12点展示している。



水川さんは、退職を機に4,5年前からかっぱ細工を始めた
クワの木等の切り株を採取し、それを活かしたいと河童細工を始めた
皿の部分などにも、自然の産物を使用し、優しさとのどかな雰囲気が漂っている
棹の枝の細さがとても繊細で、見ていて飽きない。
吊棹に軽く触れると、どれも手が可動できる様に細工されているという。
手の部分には、節がくるようになっており、細かな切込みが入っている。
尚、会場では販売もしており5000〜10,000円位と手軽な価格になっている

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「虫たちのささやき」は、よ〜く見ないとバッタがどこに居るか分からない。野原で虫たちが隠れている様子が再現されているようだ


「夜釣の河童」は、頭の傘といい人のミニチュアのよう。木肌が作品をより厳かに見せている 


「森の演奏」は、どんぐりを用いて楽しげな雰囲気。左右の枝が自然にある木そのものに見える。
腕、足の細さからいかに繊細な作業だろうか想像できる


「つれたつれた大漁だ」は、魚が釣り糸の先端に付けられている。麦藁帽子を連想させる帽子が
涼しげで面白い 


ひょうたんオブジェ展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

「ひょうたんオブジェ展」が21日(火)まで、中電ふれあいギャラリーで開催されている。
三村秀丸さんによる瓢箪や、瓢箪を使って表現したオブジェ、一刀彫りによる作品など約200点を展示している



「自然界が生み出した妙に女性的な丸み・くびれを有する瓢箪に魅了され、想いのままに形成し作品としました。」と三村さん。
以前は、日本画や写真、一刀彫、書道などもたしなんでいたが、
そのどれも師匠から教わることなく、独学で取り組んでいた。瓢箪は、矯正→収穫→どぶ漬け(秋頃)→乾燥→研磨の段階を得て作品になると言う
オブジェは瓢箪の一部分だけを切り取り、接着して自分のイメージの形に作り上げた。

格調高い色合いの大きな瓢箪から、かわいらしいオブジェ、ユニークな形のオブジェと
様々な表現と、その作品の多さから瓢箪をおもちゃのように楽しんでいる雰囲気が伝わってくる

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆


ボタンの花は、ガクの部分は瓢箪の先端をそのままの形で使っている。花びらや葉の丸みは
その形に皮を切り刻んで作られている。今回はガクを紹介するために側面からの撮影。


帽子を被った人のようにも見えた作品。絶妙なバランスと艶、色合いが
人の表情を表現しているのかもしれない 



独特の色合いは、カシュを4,5回塗り重ねて研磨する事で出しているという
また、オブジェにはエアーブラシを使い、色むらの少ないきれいな仕上がりになっている


展示場の右側には、一刀彫による重厚感のある作品も展示している


今回の続きは、美術博物館の企画展「版画に見る印象派」について


 
続きを読む >>
ドワーフの森作品展春うらら
JUGEMテーマ:美術鑑賞

『ドワーフの森作品展春うらら 』展が吾妻町の中電ふれあいギャラリーで
14日(火)まで、開催されている
生花や造花を使ったフラワーアレンジメントの作品が並んでいる

1

リースやプレンゼントに最適なサイズのアレンジメント、花のオブジェや生け花風の作品など種類は様々。
デザインスタジオ「ドワーフの森AOKI」では、花あそびコース、フラワーデザインコース等の講座を
開催している。
《「暮らしに花を」テーマに、自然からの贈り物である花々に心をこめてステキにデザインする・・・
きっと花があなたの心のオアシスになります!花を通じての出会いを大切にして、楽しいレッスンをします。》
☆ドワーフの森AOKI TEL/FAX 0265−53−8312

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

ダリアの花だろうか?重厚感のある花器に置かれている姿が、お寺とかでよく見る蓮の池を連想させられた。小さい世界ながら屋外の自然を再現しているようだ
2

ワイヤーなどを使って空間作りをしている作品も。5本の線がリズム感を生み出している。
ビーズなどが所々にあり、アクセントになっている
 3

人形が置かれていて、花の庭園に居るような雰囲気にさせてくれる。
流れがあるかのような立体的な形状。
4

中には、150cm以上ある大きな支柱形の作品も
この中にも人形が居たり、手の込んだ作品
5
〜トールペイントに魅せられて〜春・夏・秋・冬 四季を描いて
JUGEMテーマ:美術鑑賞

「〜トールペイントに魅せられて〜春・夏・秋・冬 四季を描いて 」が4/5(日)まで
平安堂飯田店アートサロンで開催されている。

トールペイントにより彩色された作品約150点

全体

サロンの中に入るとその数と雰囲気に圧倒されそうだ。
メルヘン的な絵柄や一風変わった物にペイントされた物など、バラエティに富んでいる。
今回はペイント・サークルの第4回目の発表で
このサークルのメンバーは約15人。
テーマを5つに分類し、雛祭り・春・夏・秋・冬とそれぞれの題材で
お皿や額装、道具箱等に色鮮やかにペインティングされた作品が並んでいる

4/3(金)18:30〜と4(土)14:00〜
トールペイント体験会「マイバックに絵を描こう」が開催される
問合せ先:代表の林 和子さん 0265-25−2981まで

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆


一際大きく目立つのが、琴に施した作品。繊細なタッチにより優雅さが伝わってくる
琴

額縁の縁の所まで主題と一体化して、その世界を演出している作品。写真では分かり難いが
絵画の部分がトップにあって、縁は外にいくほど薄くなっていく
縁

独特な凹凸感のあるペイントで温かみと素朴な雰囲気を醸し出している
テラコ

着物の女性は凛とした印象を受ける
花の立体が取り付けられる自由さも面白い!!
着物


「赤の記憶」岡田和子展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

「赤の記憶」岡田和子展が、飯島の千人塚公園入り口付近の喫茶店「小蕪亭」で
31日(火)まで開催されている。
枯れ花と金属を合わせた立体作品7点を展示している

全体

岡田さんは、武蔵野美術短大通信教育過程でデッサン油絵を学び、昨年松川町資料館で個展を開いた。現在も同通信教育課程造形学部で学んでいる。
2年前に大学生の息子さんが亡くなり、絶望の中、手探りで制作することにより心の落ち着きが持てるようになってきたと言う。
赤は、息子さんが好んで着ていた服の色。

全体的に深い静寂な空気があり、作品の形や色合いがもう変化することなくあり続けるような
記憶の断片が表現化したような雰囲気を感じた。
*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「Lunatic Love 機(ふらわーあれんじめんと)は、枝の上部にある輪が月を表しているのだろうか?唯一新しい金属の針金が鉢に巻きつけられていて、時間の大きな差が感じられる。
写真では見つけづらいが、錆びたノコが掛けられていて、この植物を切った存在か不吉な連想を
浮かび上がらせる。自然の造形は繊細にその痕跡を残すことに改めて気付かされる。 
?

「私」も、全体に彩を抑えた作品。その中にあって、赤いビーズのような雫が際立って見える
私

「永遠が一瞬であるという絶望」は、入ってすぐに目に付く大きなスケールの作品。
階段を上って行く方向に捉えると、一本1本の足跡を辿って上っていくようなイメージを抱くが
逆に下っていく方向で捉えると、一番前の割れた筒が絶望的な感情をイメージさせられる。
階段に、未知的な意味合いが含まれているような気がする
永遠が

「喪失あるいは拡散」は、枝を赤い紐のようなもので縛り、その紐にはビーズがついて
高い枝までつながっている作品。紐がなけらば枝はもっとまとまりがなく広がってしまうのだろう。
背景を知ってしまった為か、ビーズが涙でありつないでいく希望のようにも見える
喪失


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.