アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ムンク展を見て
1月6日まで上野の国立西洋美術館で行われている

「ムンク展」を観に行ってきた。
入口
(文章とその写真との関連はありません)

新日曜美術館と言う番組で紹介されて
ムンクの作品が一点でなく、連なることによって表現する世界が
完成する。そんな世界を構築しよとしたアトリエが世界で始めて再現されて
いると聞いて、また複製だが代表作の「叫び」の背景が
その隣に掛けられた「不安」という作品と実は繋がっていると聞いて、
これは面白い発見だ!!確かめてみたいと強く思った。

不安とマドンナ(以下絵葉書を撮影)
表紙

(マドンナは女性の移ろいさと憎悪を表現しているとも)


ムンクは自らが描いた作品の中から中心的な物に、〈生命のフリーズ〉と言う
名を付けた。それらは、人生で起こりうる出来事や生きていく上での悩み等を
彼の世界で表現しようとしていて、1つの作品として独立しているのでなく、
脈々と続いていく人生と言うか、人の運命的な事を表現しようと試みた。
その主なテーマとして、「愛」「移ろい」「不安」「死」というものがあり、
自分の人生の中で体験した大きな要素だったのだろう

病める子供
妹
(左上に悪魔が呼び掛けている様にも見える)

観ての感想は・・・・
ムンクは常に自分の感情に正直に生きていたのかなぁと思った。
並べられている作品の中には、サインが入っていないものが結構あった。
納得のいかない物だったのかもしれない。
また、ある人に頼まれて子供部屋一面に装飾として絵を飾る注文を受けた。
子供部屋と言うこともあり、キスしているところとか
相応しくない絵は除くように忠告がついた。
それでも、描かずにはいられないムンク。

声/夏の夜
官能的
(真ん中のラインは月の反射を、女性に対する官能的な面を表現している)


結局、その注文は破綻してしまうのだが・・・・
彼には、描かずにはいられなかったのだろう。
自分の意思やこだわりを、社会の中で変えずに貫き通す。
そして、その世界に絶対の自信を持っていたからこそ
大きな場(オスロ市庁舎やオスロ大学講堂等)でも怖気ずに
自分の絵を四方に飾ると言う構想が立てられたのだろう。

でも、その一枚でも充分に世界を作り上げている
そのエネルギーは決してマイナス的な方向でなく、
むしろ夢に向かっていく、ある種義務感のようなものに駆られていたのかもしれない。

到底、自分には持ち得ない気持ちの強さだと
絵から想像するには反対の気持ちになった

PS
絵が表面的に見えるのは、日本的な要素も取り込んでいたのかなぁ。。
奥行きがないことによって、非現実的な印象を上手く表現していると思った。

展覧会情報 (7日以降の)          *は入場料要
〜2/11(月) *特別陳列 骨は語る 於:飯田市美術博物館
〜2/11(月)*菱田春草と飯田の美術5 鈴木芙蓉特集 於:飯田市美術博物館
〜2/3(日)*我が家の福助人形展、原紀久野コレクション 
               於:竹田扇之助記念国際糸操り人形館(座光寺)


8(火) 〜13(日) 飯田日展研究会 於:飯田市美博市民ギャラリー
9(水)〜15(水)松沢カメラ女性写真クラブ 於:中電ふれあいギャラリー(吾妻町)
〜15(火) アートハウスに届いた年賀状展 於:アートハウス(上郷黒田)
〜13(日) 飯田南画協会松尾教室作品展 於:松尾公民館(松尾)
〜17(木) ふるさと信州の住まいコンクール受賞作品展 於:昼神荘(阿智村)
〜19(土) 流木アート・インテリア展 於:茶房「深山」(高森町)
〜20(日) かわらんべ写真講座第3期生作品展 於:総合学習館かわらんべ(川路)
〜31(木) 漫画家・猫十字社原画展 於:カラオケメトロポリス(知久町)

飯田信用金庫
〜10(木) トールペイント展 於:上郷支店
〜11(金)「秋から冬へ」写真展 嶋井千代 於:伊賀良支店
〜11(金) 龍江写真クラブ作品展 於:時又支店
〜18(金) 橋南折り紙教室「クリスマス・正月飾り」作品展 於:本店営業部ロビー
〜31(木) 新春木版画コレクション展 「安藤広重作東海道五十三次」於:上飯田支店
〜31(木) 「母べえ」杵原ロケスナップ写真展 於:山本支店

プレゼントのお知らせ

「ア〜トとの触れ合いを身近に」のブログを見たよ〜と
店で言って貰えれば、
アンカー、ムンク、ダリ他の絵葉書1枚プレゼント!!
(無くなり次第終了とさせて頂きます)




スポンサーサイト
- | 18:27 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.