アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
2008年度美術・芸術大学合格者作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


2008年度美術・芸術大学合格者作品展が 6日まで平安堂飯田店のアートサロンで開催されている
油彩画科2人、デザイン科5人の真剣さが伝わってくる絵画、約140点が飾られている

〜形を描写すること・イメージを表現することに、思いっきりぶつかっているのが分かる展示〜
全体

私がよく見る展覧会や個展は、自由な対象を描いている作品がほとんどだが
この飯田美術研究所の合格作品展には、課題がそれぞれにあって
それに沿った絵画になっている。
それだけ、悩み・努力している感じがひしひしと伝わってくる。
こんな課題がもし自分に与えられたら・・・と思うとその大変さが分かる
一見すると完成度の高いようにも見えるのだが、先生のコメントがさらに克服すべき点を指摘していたり
生徒さんの長所を見つけて励ましていたりと、コメントを見るのも参考になる

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆


「与えられたモチーフに自由なイメージを加えデッサンしなさい」は、合成写真のようなイメージ。柔らかそうなビニールの質感とか
難しいと思われる素材をよく表現している
デッサン

「新しいと古いを色彩で自由に表現しなさい」と言った課題も
新しいと古い

「一人の人物と月を主なモチーフとして、文字「Moon Light」を配して美しい色彩構成をしなさい」は、明るい夢に向かって進んでいくような
イメージを抱く。
月

「静物」の油彩画は、青色を引き立てるピンクを使うようになり好きな青をより美しく見せる方法を発見した と言うような
コメントがあった。
静物

「与えられた材料で、"おかしな家"の模型を作りなさい」と言った、立体的な習作も並んでいる
おかし
スポンサーサイト
- | 22:22 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.