アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
水墨画展(大平和人さん)
JUGEMテーマ:美術鑑賞


水墨画展(大平和人さん)が5/31(土)まで、喬木の椋鳩十記念図書館で開催されている

zenn

〜墨の濃淡で様々な表情を見せる作品展〜

今回展示しているのは、軸装や額縁に納めたもの21点を展示している。
忙しい中での展示となってしまったが、新作や旧作を合わせた展示は
大平さんの多様な技法が伺える
題材は、風景や山水画、だるま、人物、花など
墨彩画もあるが主には墨の濃淡で表現している

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「小船」は、入って一番初めに観た作品で、骨董のような時間の流れと重みのある
渋い作品。

小船

あやめを、描いた作品は奥の薄い影のようなあやめが描かれていることによって
奥行きが出ている。葉の描写にも迷いがなく勢いがある
あやめ

2人の人物を描いている作品は、優雅な時の流れがあるような雰囲気だ。
会話の声までが聞こえてきそうだ。たぶん、日本語ではないのだろうが・・・
民衆

五重の塔を描いた作品は、細かい所まで丁寧に描写している
5重の塔

雪山の作品も、全体的に墨でトーンを落とすことにより
山の白さが引き立って見える
雪やま

今回の続きは、次回開催予定のお勧め展覧会について

次回、開催予定のお勧め展覧会(当店に寄せられている案内状)

5/22〜6/3(火) ジョギング開催中
スケッチ個展(松下拡さん)
場所:アートハウス
matusita

6/7(土)〜15(日)
南島金平展(長野県飯田創造館企画展)
場所:飯田創造館301号室
観覧料:無料
minami

6/2〜7/5(土)
8人展「←imagination→」
名古屋造形芸術短期大学2007年度卒業生の平面の作品展
8人展

6/15(日) 14:00〜
ブラジル移住100周年記念イベント inいいだ
移民の歴史の話や写真、ブラジル日系人演劇「虹色の子」上演やワークショップなど
場所:飯田人形劇場
ブラジル

プレゼントのお知らせ

「ア〜トとの触れ合いを身近に」のブログを見たよ〜と
店で言って貰えれば、
アンカー、ムンク、ダリ他の絵葉書1枚プレゼント!!
(無くなり次第終了とさせて頂きます)


スポンサーサイト
- | 19:53 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.