アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ミュー自然美術館
阿智村浪合治部坂のミュー自然美術館は、別荘の佇む避暑地にあり、周りには白樺の木が見えたりして
近場の観光地風な美術館となっている。

通常の入館料は、大人500円、子供200円、コーヒーセットは700円
閉館日は木曜日で、10:00〜16:00まで開館している

外観

入り口から木の香りが伝わってきそうなデッキがあり、石畳の上を歩いていく。
美術館の周りは木々で覆われている

入り口を入り、まずはメイン会場へ

仕切りがなく、広々と感じる展示スペース

全体

ここから、小部屋にも行ける。
その一つは今回入れなかったが、松沢登美雄さんの木彫りが展示されている
当美術館のサイトの表紙になっている木彫りで、
農家の人達の素朴さや、話し声までもが聞こえてきそうな
味わいのある作品で、一見の価値あり!!

もう一つの小部屋は、階段を登った屋根裏にあり
この屋根裏に向かう雰囲気とそこに置いてある
木下佐智子さんのファンタジーな人形の世界が
ぴったり合っている

屋根裏

2階からメイン会場を見下ろす
骨組

戻って、メインの会場を端から見ていき、また見て
終わったら通ってきた通路を戻り

通路

すぐそこが森にであることを再度感じながら
大きいウインドのあるロビーでコーヒーを頂く。
鳥の鳴き声が聞こえたりしてゆっくりとした時間が過ごせる
蒸し暑い時期には、ここに来ればひと時の爽快感が味わえる

喫茶

今年は11月9日まで

スポンサーサイト
- | 19:37 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.