アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
武田恵子 紙のやさしさ展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


昨日まで治部坂のミュー自然美術館市民ギャラリーで
武田恵子紙のやさしさ展が開催されていた

〜展示スペースの空間を生かした工夫のある展示〜
全体

武田恵子さんは折り紙の講師を勤めたり
水彩画など多分野で活躍している
今回は紙のやさしさ展と題をうって
主に和紙を用いたインテリア的な要素のある作品を
展示していた

*写真により実際と違う映りになっています。

「響き」の文字のある作品は、和紙の凹凸を損なわずに
浮いているように見せ、色々な要素が混ざり合う様子を色で表現している
葉を入れたのは、この美術館との響きを意識したからだろうか??
響き

色が宙に浮いて、水玉を連想させる作品も。
obura-do

ここの展示場所の窓を生かして、和紙による光の演出を試みた作品も
ステンドグラス

木の質感や色合いと違和感なく、和紙による色彩が施されている
外の空気を作品にうまく取り込んで、会場の雰囲気を作り出している作品
自然
スポンサーサイト
- | 20:02 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.