アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
伊藤 定 絵画展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


伊藤定 絵画展が中電ふれあいギャラリーで、8/19(火)まで開催されている

〜表現の幅広さに触れられる絵画展〜
zenntai

多摩美術大学で日本画を専攻し
美術教諭を退職してから水彩画や油彩画を始めたという伊藤さん。
当初の描き方は大雑把な色の構成で仕上げる作品が多かったが
所属する「人物を描く会」に入ってから手の形や色合いなど
深く観察するようになった。
しかし、最近は細かく描き過ぎて人物の表情や感情がうまく表現されてないと
思うようになり、荒いタッチで背景を仕上げたり試行錯誤を繰り返している。
今回の出品は、デッサンや水彩画、日本画を含む28点。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

ばらの作品は、水彩ながら色鉛筆で描いたような柔らかさと繊細さのある作品。
全体的に、ぼやけたようなやさしい空気がそこにあるようだ。
bara

風景を描いた作品は、ここに展示してある多くの人物を描いた人とは
思えないほどのギャップのある雰囲気。桜の色が浮き上がっているようにも
見える
風景

少女を描いた作品は、バックの色合いと言いモデルの素朴さが伝わってくる。
syoujo

今田人形を実際に置いて描いたという作品は、パネルの上に寒冷紗を載せ
アクリル、日本画を用いた凝ったもの。もう少し擦れば下の色が出て
いい表現になるとまだまだ自分の達成した域に届いてないと言っていた。
しかし、この題材に青い芥子を合わせたシリーズで公募展に出そうと
決めている力の入ってる題材。
imadaninngyou

女性を描いたこの作品は、他に並んでいる人物より顔が明るく
輝いて見えた。話を伺うと個人的に依頼したモデルで
ライトの調整とかが創造館でやるよりも自由に調整できた…と
バックも服との統一感があり気品のある演出をしている
josei

今回は、賛助作品として伊藤さんのお兄さんになる
道夫さんの作品も展示している
道夫

今回の続きは、手軽に出来る画集や旅行の記念誌の制作について
画集や写真集、旅行の記念誌などを
●とにかく手軽に作りたい
●20ページ・10冊から制作可
●10冊単位での追加も出来る!!
●69,300円から制作できる(10冊、20ページ、撮影代・文字入力別)
*詳しくは、当店まで 犬塚画廊 22−2775

画集
スポンサーサイト
- | 15:30 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.