アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
使い捨てカメラによる写真展3rd
JUGEMテーマ:美術鑑賞


使い捨てカメラによる写真展3rd〜A SCENE from Disposable CAMERA 3
19日(火)の17時まで、上郷黒田のアートハウスで開催されている。

〜それぞれの生活の一部分の視点を垣間見える企画展〜
全体

アートハウスによる企画で、今回は50人のそれぞれの視点で
使い捨てカメラによる24枚の写真のインデックスと1枚の写真を展示している。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

中村佳子さんは、9歳の息子さんが見る世界を写した作品
中村

「それでも自慢のお父さん」嶋崎晴美さんの作品は、家族の姿から職人に変わった
変化が感じられそうな一枚
jimann

「フェイス」片桐千栄さんの写真は、マンホールをキャラクターに例えたユーモラス
溢れる発想。
顔

「Goal-ゴールー」松澤弘明さんの写真は、下に会話調の文章も添えられていて
撮影者と同じ心境や違った意見を抱いたりと印象に残る作品。しかし、なぜに
ここにGの文字があるかは確かに不思議・・・
goal

「砂の主」山崎崇嗣さんの写真は、子供のような遊び心溢れる発想
sunaba

〜額縁を立てて展示出来る!!〜
自立スタンド

展覧会などで壁に掛けるのは多いが
コーナー等に立たせることが出来れば
目立つこと間違いなし!!
しかも、会場の雰囲気作りにも役立つ。。
自立スタンド

額縁の幅が25mm以上の木製/樹脂フレーム対応
高さ1800mm程度まで

*縁にビスで固定するため穴が空きます

スポンサーサイト
- | 19:40 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.