アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第9回現代の創造展〜彫刻編〜
JUGEMテーマ:美術鑑賞


飯田下伊那の作家による
「第9回現代の創造展」が3/15(日)まで、飯田市美術博物館で開催されている
観覧料は大人310円。
今回から70歳以上と高校生以下及び障害のある人とその付き添い1名は無料。

2階にある油絵も印象深い作品が多かったので
次回にまとめて・・・
今回は、階段下に陳列してある彫刻編

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「フォマット/ソートフォーム」山内孝一さんの作品は、観るでなく実際に道を歩いて
体験できる作品。
道の入り口に説明書きがあり、自分自身の体温等を感じながら歩いてみて下さい…と
実際に歩いてみると、無機質な所に突如現れた有機的な空間が異次元のようでいて、
守られている感じがする
フォマット

「BABY」木下雅雄さんの作品は、一瞬キューピーかと思ったが
よく観ると繊細でグロテスクな表情。かわいさとのギャップが面白い
baby

「男A 男B」城田孝一郎さんの作品は、人の形状をシンプルにデフォルメして
その特徴を上手く抽出している。時世がら、共に気弱で不安げな表情に感じるのは
私だけだろうか??
男A 男B

「忱(しん)」伊波文三さんの作品は、とても不安定はバランスだと思った。
忱とは、まこと、真情等の意味があり美しい者の脆さを表現しているのかもしれない
しん

今回の続きは、明日から始まる創造館の創造展について
第28回創造展
27〜3/2(月)
場所:飯田創造館(小伝馬町)
   同館で活動する63グループによる約660点の作品展
創造展
スポンサーサイト
- | 19:46 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.