アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第9回現代の創造展〜油絵編
JUGEMテーマ:美術鑑賞


飯田下伊那の作家による
「第9回現代の創造展」が3/15(日)まで、飯田市美術博物館で開催されている。
観覧料は大人310円
今回から70歳以上と高校生以下及び障害のある人とその付き添い1名は無料。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「ひと・模様」三島かくえさんの作品は、全体的におぼろ気な雰囲気に包まれている中で、
きりりとしまる輪郭と、水色がアクセントになっている
人・模様

「 後期高齢者」松下拡さんの作品は、希望の持てない現状を突きつけられてるようだ。
後ろの平面的なコップがなんとも言えないなげやりのような心情を醸し出している
後期高齢者

「年輪」矢沢進さんの作品は、一本の木を意外性のある色で力強い存在感を持って描いている。
背景までもそのオーラに圧倒されているようだ
nennrinn

「ばあちゃ 待って」後藤信彦さんの作品は、くりん草の華やかな公園も
子供にとっては不安と焦りの一場面のギャップが面白い!!
ばぁちゃ待って

「08001」魚田一人さんの作品は、立体的で見る人によって様々な捉え方が出来る作品。
私には、心臓が飛び出てきたような「生きる力」がそこに表現されているようにも見えた。
08001

「Cityscape-08030」北野敏美さんの作品は、爽やかでリズミカル。
黒をベースにした作品をよく拝見するが、今回はとても明るい色使いとなっている。
北野

この後は、当店に寄せられているご案内について


次回、開催予定のお勧め展覧会(当店に寄せられている案内状)

〜3/15(日) 第9回 飯田下伊那の作家による
現代の創造展ジョギング開催中
場所:飯田市美術博物館 9:30〜17:00
休館日 3/2、9
観覧料:大人310円 
    *70歳以上・高校生以下・障害のお持ちの方と付添1名は無料
souzouten

〜3/15(日) 北野敏美版画展  ジョギング開催中
場所:ミュージックアートカフェクイーン(高森町上県道沿い)10:00〜19:00 定休日:金曜日
北野

3/19〜24(火) 松島桂岳展 
場所:長野県飯田創造館 9:00〜17:00
matusima

スポンサーサイト
- | 19:13 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.