アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
竜丘油絵クラブ小品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

3/31(火)まで、竜丘油絵クラブ小品展が信金桐林支店で開催されている。

全体

桐林支店20周年記念とも合わせ、F6〜10号位の油絵10点が飾られている。
竜丘油絵クラブは、竜丘在住の絵の好きな会員が集まって公民館で月2回の例会を中心に
活動している。結成は20年ほど前で、講師は鎌倉正之さん。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「天竜峡」原紀代子さんの作品は、エメラルドグリーンが川の深さを再現していて、引き込まれそうな
雰囲気を醸し出している。少し離れて見ると、立体的に浮き出てくる  
天竜峡

「リーフ」下平洋子さんの作品は、実際の葉や実をコラージュしてその上から絵の具をのせた作品。
バックの温かみのある表現と鮮やかな色使いにより、自然の造形美を際立たせている。  リーフ

「秋」中島啓代さんの作品は、どこか異国情緒溢れる作品。
aki

「バラ」関谷瑞穂さんの作品は、色合いによって花を平面的に捉えている。その分、赤黄白の各色が
強い印象を持って描かれている。また、下から上に向かって徐々に明るくなるように計算されている 
 bara 
スポンサーサイト
- | 18:45 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.