アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
万作の会写真展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

『万作の会写真展』が、24日(金)まで八十二銀行飯田駅前支店(中央通)で開催されている
「春」をテーマとして7人による11点の作品を展示している



万作の会は、八十二銀行OBで作る親睦団体で、写真の他、ゴルフ、麻雀、囲碁などがある。
中でも写真は、年に2,3回同行で展示をしたり活発な活動をしていて、今回の展示が前身の会の回数を含めて22回目となる。
先生の指導を受けることなく、経験も初めての人から30年以上続けている人と様々。
そんな自由な風潮のなか個性ある作品となり、また身近な人が出品しているので見て欲しい…と。
撮影地は、伊那谷を始め西伊豆や美ら海水族館など。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「春の尾根路」は、まだ雪が高く残っていて自然の厳しさが伝わってくる。身近に感じる春の光景と山の春の光景の違いが分かる。 

「早春の黄昏」は、西伊豆での撮影で、夕日の暖かみのある光を深く捉えている。絵になっているなぁと感銘した作品。


「沖縄ブルー」は、携帯カメラで撮影している人を観察しているような視点が面白い。マントの巨大さから逆に人間が観察されているのかもと思わせる作品



今回の続きは、次回開催予定のお勧め展覧会について
 
 当店に寄せられているお勧め展覧会情報

*初日や最終日の時間には変更があり、休館日等もございます。


《優秀デッサン作品展》
4/13〜25(土) 8:30〜22:00
場所:りんご庁舎オープンスペース(本町)

〜飯田美術研究所〜
《美大・芸大合格者作品展》
5/3〜10(日) 10:00〜22:00
場所:平安堂アートサロン(鼎名古熊)

問合せ:飯田美術研究所 0265−52−3507
ビケン

《手描室展》
5/6〜12(火) 9:00〜17:00
場所:中電ふれあいギャラリー(吾妻町)

手書き

第57回
《アンデパンダン展》
5/14〜18(月)9:00〜18:00
場所:飯田創造館(伝馬町)
種目:絵画・彫刻・工芸


《nuu Collection》
5/1〜27(水) 6:00〜19:00 
場所:喫茶空間「深山」(高森町牛牧) 木曜定休
帽子・バック・布小物



第95回記念
《光風会展》
4/15〜27(月) 10:00〜18:00
場所:国立新美術館(六本木/東京)
光風
スポンサーサイト
- | 19:35 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/196
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.