アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
仲田久志写真展「気配を写す」
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
仲田久志写真展「気配を写す」が、4/28(火)まで、上郷黒田のアートハウスで開催されている。
自宅の身近な光景を中心に7点のモノクロ写真を展示



仲田さんが、アートハウスで個展を開くのは4度目
今回は、自宅の一部分を切り取った
作品を鑑賞していると、普段何気なく目に入っているであろうことが、いかに意識していないかに気付かされる。
白黒だからこそ、ある役割を持って作られた形や道具といった物の存在感、力強さ、意義のような要素が込められている様に感じる

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

古いラジオにまず目がいくが、その先にあるスリッパが置かれている所に、清楚なイメージが広がっている。畳の上ではスリッパを脱ぐ…今の時代で昇華された生活感を連想させられた


白い花の輝きが際立って映し出されている作品


この写真を見て、幼い頃の秘密基地あそびのような事を思い出した。
人には、物が複雑にあっても落ち着く場所があるのかもしれない。そんな空気が扉を開けて一歩踏み入れた時に感じるのかなぁと思った


柱が景色をフレームとして切り取っているように見えた。その切り取られた景色のバックは、ライン状の模様のあるポップ調な鮮やかな色だったら…と想像してみた。 

今回の続きは、次回開催予定のお勧め展覧会について
 当店に寄せられているお勧め展覧会情報

*初日や最終日の時間には変更があり、休館日等もございます。

〜飯田美術研究所〜
《美大・芸大合格者作品展》
5/3〜10(日) 10:00〜22:00
場所:平安堂アートサロン(鼎名古熊)

問合せ:飯田美術研究所 0265−52−3507
ビケン

《手描室展》
5/6〜12(火) 9:00〜17:00
場所:中電ふれあいギャラリー(吾妻町)

手書き

第57回
《アンデパンダン展》
5/14〜18(月)9:00〜18:00
場所:飯田創造館(伝馬町)
種目:絵画・彫刻・工芸


《nuu Collection》
5/1〜27(水) 6:00〜19:00 
場所:喫茶空間「深山」(高森町牛牧) 木曜定休
帽子・バック・布小物



第95回記念
《光風会展》
4/15〜27(月) 10:00〜18:00
場所:国立新美術館(六本木/東京)
光風
スポンサーサイト
- | 18:32 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/199
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.