アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
四季を彩る絵手紙展 黒河内秀幸・路枝
四季を彩る絵手紙展が三日市場、運動公園の近くの
特養かざこしの里で1/31(木)まで開催されている

かざこし


小池恭子さんの教室に通ったのがきっかけで、夫婦で絵手紙という
同じ趣味を持つようになった。また、秀幸さんが職場で絵手紙サークルを
指導していたが、退職をきっかけに新たなサークルを作りそこに2人で
参加するようになり、自分の所の畑で育てた物を題材にしたり身近な物を
モチーフにして描いてきた。・・・・そうである。


ロビーに入ると会場一面にハガキや小品がならんでいる。
その多さに驚く
全体


一つ一つ見ていくと
絵手紙の中でも力強さが滲み出ていた
力強い



また、描く対象への愛情や興味と言ったものが
ひしひしと伝わってくるように、何枚も同じモチーフで描かれている作品も…
蟹



ここで、紹介しきれないほどたくさんの作品と雰囲気があり、面白さがある。
絵手紙では珍しい風景がなどもあり、自由に楽しみながら描いているのが伝わってくる

また、女性的なお雛様や細めの線の作品も
ハガキに拘らず小さいきれの作品もあった。
height="600" alt="やさしい" class="pict" />



面白いなぁと思ったのが、この傘を紙で作った作品。
立体的で、変化があっていい。。

傘



この他にも、ハガキに関わらず多様な表現がされていた。
具体的には、うちわ、ハガキ掛け、布袋、絵馬、貝、切り株等

また、黒河内さんが描いたハガキでなく
送られてきたハガキがビニールのスクラップに入って展示されていて
送った人の個性がそれぞれ出ていた。
結構、木版画を使っている作品〈年賀状も)も多いのだなぁと思った。




JUGEMテーマ:美術鑑賞


次回、開催予定のお勧め展覧会(当店に寄せられている案内状)


第6回 酔*三人展
1/22(火)〜27(日) 9:30〜17:00 開催中!!ジョギング
飯田市美術博物館・市民ギャラリー
日本画、今村晴雄  洋画 麦島博晴  七宝 中山加世子

3人展

アートハウス企画 写真展「正月」−2008それぞれの視線ー1/25(金)〜2/5(火) 10:00〜22:00

「正月」ハガキ

卒業制作展 H19度飯田女子短大 生活造形コース 2/5〈火〉〜10(日)
場所:美博市民ギャラリー
制作


プレゼントのお知らせ

「ア〜トとの触れ合いを身近に」のブログを見たよ〜と
店で言って貰えれば、
アンカー、ムンク、ダリ他の絵葉書1枚プレゼント!!
(無くなり次第終了とさせて頂きます)
スポンサーサイト
- | 23:43 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/21
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.