アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
橋北南画教室作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

9日(火)まで、吾妻町の桜並木沿いの中電ふれあいギャラリーで『橋北南画教室作品展』が
開催されている。
10号以下の額装や軸装など約30点を展示



大前清吉さんのご指導を受けながら、月2回、現在は9名の会員で活動をしている。
ここでの展示は、1年間の教室の成果として発表している
また、自由テーマに基づき、それぞれが自由なタッチで点と線、たまぼかしを使い個性的に水墨画に親しんでいる。

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「みのり」井口さんの作品は、画面いっぱいに描かれた葉と実が力強い。洋画にあるような構図かなぁと思った


「都忘れ」小林さんの作品は、生成りの和紙と、琳派を思わせるような大胆なバックの省略により
植物にスポットを当て生命感を引き出している


「落雁」は、小さいながらも帰路に思いを抱かせてくれる郷愁漂う作品


「高山雲霧」井口さんの作品は、威圧感のある山の頂が印象的な作品。手前の木々を添えることにより、距離感や大きさの比較が出来て主題をより引き立たせているようだ
 
スポンサーサイト
- | 23:06 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.