アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「陶飾織」展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/8(水)まで、高森町牛牧高速道路下の茶房「深山」で『陶飾織』展が開催されている。(木曜定休) 
岐阜県に住むクラフト仲間3人による展示で、陶芸:山元崇嘉 樹脂アクセサリー:杉本 千津子
染織:浅井 美鶴



山元さんは陶芸作品を20点。木炭の釉薬(ゆうやく)で緑色のにじみを出し荒々しさにこだわりをみせていると言う。
杉本さんは、ペンダントやブローチなど約60点。
浅井さんは、バックやストールなど草木染による作品約35点を展示および販売をしている

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

山元さんの重厚感のある器。この器で抹茶を啜えたら、また茶室にあったらと思うと、玄人の雰囲気が味わえる。そんな、趣のある作品


他に、土が解けているかのような盛り上がりのある器も。小さな世界で、形あるものはいずれ変わると言うことを語っているようにも見える。


マーブル模様がきれいなアクセサリーも。こんな表現も出来るのだなぁと感心した。
写真にはないが、ちりめんを使った和風の作品もあった


草木染による作品は、これからの季節に合いそうな涼しげな印象を与えてくれている

スポンサーサイト
- | 22:17 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/250
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.