アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
向井敏一油絵展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/11(土)まで、高森町R153沿いのくましろホール で、『向井敏一油絵展』が開催されている
20号以下の風景画を中心に27点の油彩画



向井さんは上伊那郡箕輪町に在住
90年、古厩博人先生に師事 00年53歳で松本南郵便局を退職・画業専念
01年大翔会美術連盟会員 〜06年長野、東京や岐阜でも個展100回余りと言う略歴を持つ
始めは信州の四季を中心に描いていたが
奥入瀬などの清涼感に魅了され東北地方に出向くことが多くなったと言う。

全体的に、明るめの作品が多く、玄関やお部屋に合いそうな作品が多い

尚、希望者には販売も行っている

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「新緑の奥入瀬渓流」(F20)は、その場に足を踏み入れたかのようなリアルさと空気感の漂ってくる作品


「風越山」(P10)は、いつも見える風景を違和感なく自然の雰囲気で小さい画面に再現している 


「富士山」(50号)は、山の頂上と稜線のみのシンプルな構図だが、その色合いから神々しい雰囲気が漂っている


「秋 奥入瀬渓流」は、低いアングルからどこまでも続く、秋の美しい紅葉が想像できる。その先にも続いていく奥行き感と期待感を抱けられる。パッと華やいだ印象のある作品
スポンサーサイト
- | 20:01 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.