アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
笑展ー4
JUGEMテーマ:美術鑑賞

21日(火)まで、上郷黒田のアートハウスで『笑展ー4』が開催されている
佐々木 茂さんによる古典落語をテーマにした人物の陶芸作品20点余りを展示している



陶芸教室「ひだまり」に通い、陶芸を始めるようになって5,6年
同会場での個展も4回目となる。
今回は笑点をもじった笑展で、落語の一場面を自分の想像で形にした
衣装なども資料があった訳でなく、その時代などを考慮して想像で作っている
また、作品の上には落語のあらすじが簡潔に説明されていて、その落語も知る事が出来る、
じっくりと観ることの出来る展覧会だ

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「ちりとてちん」は、朝の連ドラで話題にもなった話。その苦痛に耐える場面を再現されている。
泣き顔も悲観的でなく、明るさがありユーモラスな表情だ


「蒟蒻問答」は、その和尚さんの装いが印象的だった 


「寝床」は、旦那の話を酔って居眠りをしてしまった場面。話だけでなく視覚で見せてくれるので
その登場人物の性格まで伝わってくる


お地蔵さんも作っていて
「煩悩地蔵」は、 OKを出していたり健やかな顔立ち。
煩悩に流されるときの心理が表現されているのかもしれない
スポンサーサイト
- | 18:27 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.