アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
萌芽の会作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
20日(日)まで、美博市民ギャラリーで『萌芽(ほうが)の会作品展』が開催されている
花器を中心に置物など約60点の陶器が並んでいる



今回の展示は、5回目で会員17人の作品を展示している
「萌芽の会」は、陶芸家・川手敏雄さんを講師に各自が自由な様式で、気楽に作陶に取り組んでいる
今回の展示では、タイトルを練って付けており、タイトルから受けるユーモアも楽しめる

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「バラのある幸せ」上沼さんの作品は、上品な白色に水が流れ落ちるかのような凹凸があり、
タイトルからバラがある風景が連想される。



「夕焼け こやけ」高原さんの作品は、奇妙な形が印象的。
上部が開いてないことにより、一輪挿しとしては使えなそう。
伺ってみると「昔に見た置物を連想して造った」と・・・
年代もののような風格も備わっている


「笑顔」鳴海さんの作品は、そのタイトルのように硬い材質を感じないほどの
柔らかさと表情が感じられる


「タヌキ」久保田さんの作品は、かわいらしい顔と完成度の高さが眼を惹く 
スポンサーサイト
- | 23:45 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.