アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
橋爪まさゆき・陶展
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
12/8(火)まで、上郷黒田のアートハウスで『橋爪まさゆき・陶展』が開催されている
日常の中で使える器や花器を中心に様々な種類や大きさの陶芸品約100点を展示



鉢や茶碗、花入れ、丸皿、徳利、香炉、カップ、1輪挿し、花止め(花を立てる為の小物)、装飾品の土面など様々な作品が並んでいる。
奇をてらったものより使いやすいシンプルなもの、シャープな器を目指しているとあって
どれも素朴で和の生活空間に溶け込むような雰囲気を持っている

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「土面」はユーモラスな表情。余分な表現はなくシンプルな形と線だけで造られている 


「焼締鉢」は単純でない形に落ち着きのある色合い。中にあるまばらな模様が手作りの温かさを感じさせてくれる 


「自然釉花入」は徳利の形をした年代を感じさせてくれる色合い


「ハケメ皿」は、ざらついた質感を連想させられる。ここに料理が並んだらツヤのあるめんより
ひんがあり一層おいしく見えそうだ。 


「焼締鉢」形の微妙なバランスが印象的だった
スポンサーサイト
- | 20:28 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.