アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
墨絵・水彩講習会作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


1/11(月)まで、創造館のふれあいギャラリーで『墨絵/水彩画講習会作品展』が開催されている
墨絵講習会の習作と講師による作品17点と
水彩画講習会の習作11点の展示



墨絵講習会の講師は新井先生。
この講習会では竹ペンを用いているので、線の太さが均等でなく勢いがある。並んでいる作品の題材は花や果物の静物と創造館の建物やその周辺の風景。

新井先生の作品。魚眼レンズで覗いたかのような扇形の描写が、リズミカルで画面全体に緊張感を生んでいる 


小林さんの作品の柿は、強弱のついた枝振りが達人の域に達しているような風格を漂わせている 


高山さんの作品は、創造館入り口の風景。細かな線で描写されていてその場所の温もりまでもが伝わってきそうだ。 


水彩画の講師は毛涯さん。

「南アルプス」宮嶋さんの作品は、清々しい風景。細かい筆致で木の間の暗さなどをしっかり表現していて、立体感ある作品


「里山の紅葉」下平さんの作品は、色が溢れ出ているような躍動感ある作品。バックの薄い山があることによって奥行きが出て、色の氾濫とのバランスが保たれている


 >
明けましておめでとうございます。
いつも、休みがちな当ブログを観て頂き誠に有難うございます。
今年は長期に休むことを無くし、作品と向かい合って感じた事の表現に磨きをかけ、
写真だけでなく、文字で絵画への造詣が訴えられるよう励んで行きたいと思っております。
今年も宜しくお願い申し上げます
スポンサーサイト
- | 19:31 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.