アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
小さな村の半世紀回顧展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

1/11(月)まで、昼神温泉郷の熊谷元一写真動画館アートギャラリーで
『小さな村の半世紀回顧展』が開催されている。
昭和33〜53年にかけての阿智村の写真35点の展示



佐々木賢実さんが、會地・伍和・智里の3村が合併(昭和31年9月30日)してから半世紀にわたって、村の風景や村人たちの交流・暮らしぶり・各集落の祭りなどをピックアップして撮影した回顧展。

町並みの変遷を昔と今を並べて比べていたり、恵那山トンネルの貫通式の様子や催し物に参加している住民の楽しげな雰囲気が伝わってくる

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「城山から見る駒場の町並み◆(S35)は、現在との比較があり家が道に沿って並んでいるのはさほど変わりがない場所だが、高速道路が景色を大きく変えている 


「演芸会を見る大勢の観客」は、老若男女同じように見入っているのが印象的。


「学校にテレビが入る」(S39)は、男の子が前で後ろに女の子が居る位置から当時の風潮が分かる 


「阿智中学校竣工式アトラクシャンの見学式」(S39)は、こんなににも多くの笑顔が写真に収められるのかと思うほどの印象に残る一枚
スポンサーサイト
- | 22:27 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/319
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.