アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
迫力のあるリアリスト〜諏訪敦〜
JUGEMテーマ:美術鑑賞


先週の、新日曜美術館のアートシーンのコーナーで
諏訪敦の作品展の模様が放映されて、強いインパクトを受けた。
今、東京の千駄ヶ谷で開催されている展覧会で
詳しくは佐藤美術館まで

展覧会名: 〜複眼リアリスト〜 諏訪敦絵画作品展
会  期: 平成20年1月17日(木)〜2月24日(日)
開館時間: 10:00〜17:00/(金)〜19:00
休館日: 月曜日 *2月11日(月・祝)は開館 翌12日(火)は休館
会  場: 佐藤美術館 3階・4階・5階
入場料: 一般:500円 学生:300円

諏訪

現在日本では、ジャンルを問わず描写系絵画の台頭が顕著にみられるが、そのきっかけを作ったのが諏訪敦であるらしい。
しかし、その超絶的描写能力だけでなく同時に表現されるエッセンスは、対象への問いかけとコミュニケーションにより支えられ、そのため作品の多くが人物画に占められているのです。
「よそよそしい私は、絵画を通して初めて他者と確かな関係を築いていると実感できる」と本人が語るように、デッサンを基本とした視覚情報の確認のみならず、取材対象との対話、各種機材による記録、生活空間の共有など、単に再現的意味においてのみ完璧な絵画を求めるにしては過剰で執拗とも思える、複眼的な情報の取り込みに裏付けられている事、描写という最も非効率的な手作業を経て物事を丁寧に追体験し、対象の美的側面以外の多面性を読み取ろうとする意志がこの画家の本質なのです(←
佐藤美術館の展覧会情報より)



放送で一番インパクトを受けたのは、衰弱したお爺ちゃんの作品。
眼を一瞬覆いたくなくような絵だが、そう思わせるほどリアルであった。
自分の父を描いたそうだが、写真にしろ写し撮るには
俯瞰すると言うか、人の感情や事情に土足で踏み入って行く様な側面があるだろう。
どこまで、そこに入れるか??
親の変容と言う受け入れがたい姿を熱烈に描写する。
そこに、芸術に対する意志の強さと、ある面狂気的な素質があるような気もする。

そして、そんな狂気になれない生活があるからこそ
僕もまた安全な場所で、その世界を俯瞰したいのである。


機会があれば、是非見てみたい展覧会だ!!

作品の一部は、諏訪敦さんのページ、
こちらから見られる。
次回、開催予定のお勧め展覧会(当店に寄せられている案内状)


卒業制作展 H19度飯田女子短大 生活造形コース 2/5〈火〉〜10(日)
場所:美博市民ギャラリー
制作

2/19(火)〜3/9(日)
第8回現代の創造展
場所:飯田市美術博物館
観覧料:大人310円・高校生200円・小中学生100円
休館日:2/25、3/3
現代の創造展

2/22(金)〜26(火)
第27回創造展
場所:飯田創造館(小伝馬町)
観覧料:無料
写真は昨年のパンフレット
創造展

4/23(水)〜5/7(水)
第68回日本画院展
場所:東京美術館(上野)
搬入日:4/10(木)11(金)
日本画院展

プレゼントのお知らせ

「ア〜トとの触れ合いを身近に」のブログを見たよ〜と
店で言って貰えれば、
アンカー、ムンク、ダリ他の絵葉書1枚プレゼント!!
(無くなり次第終了とさせて頂きます)

スポンサーサイト
- | 19:52 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.