アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
伝統工芸木目込人形展
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
2/28(日)まで、喬木村の椋鳩十記念図書館で『伝統工芸木目込人形展』が開催されている
干支や雛人形、吊るしビナや高砂、かぶと着、羽子板、大和の女性や稚児など約50体の展示



立ち振る舞いや一つ一つの動きを丁寧に作り上げることで、はるか古(いにしえ)の暮らしが再現されているようだ。
上品なしぐさときらびやかな衣装によるかぐわしい風品のある展示
眼の線の繊細さや髪の質感などに思わず見惚れてしまう。

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「こぼれ花」池上さんの作品は、全体的に丸みを帯びたフォルムで柔らかいイメージ。眼がなんとも
優しく上品な表情を作り出している


「御匣」は幾重にも重ねられた衣が鮮やかで位の高さを表している。 


「宴のひびき」と「横笛」の9体。並ぶと圧巻で賑やかな様子が伝わってくる。しゃがんで観ると今にも動き出しそうだ


「羽子板 大黒」は頭の金色がきちんと下地に朱色が塗られていて重厚な雰囲気を醸し出していた。
バックの色も鮮やかでより顔を立体的に見せる効果を演出している
スポンサーサイト
- | 21:47 | - | - |
コメント
from: 舞姫   2010/02/19 4:29 PM
時期的に雛人形を想像させるような人形たち。
人形とはいえ、命が宿っているような不思議な感じがします
作られた方の気持ちと命が吹き込まれているからなのでしょう。 表情が穏やかで優しいのがいいですね。
見た瞬間に、私の名前の基になったある方の名曲が・・
頭の中を流れました。
from: イイガロ   2010/02/19 7:28 PM
作られた方の愛情や良い作品に仕上げようと言うような
意気込みが伝わってきましたよ!!
写真ではよく分からないのですが、髪の毛が一本一本
付けられていて、たまに跳ね上がったりしているのが
本当に生きているように感じさせてくれます
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/337
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.