アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第10回現代の創造展〜陶芸・学芸員企画
JUGEMテーマ:美術鑑賞

3/7(月)まで、飯田市美術博物館で『第10回現代の創造展』が開催されている
観覧料が大人310円で月曜日休館。開場は9:30〜17時まで
日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書道の6部門と学芸員企画の計144点と長姫高校美術部の展示



毎年開催される当地域でのトータルな美術展で、所属団体や実績、年齢といった枠組みを取り払った推薦により作家を選定し、賞などを設けずに同列に展示する企画展。
最近作の紹介と新鋭作家の育成と言う長期的展望に立った目的もある。

当地でも様々な創作への工夫や斬新さが見て取れて、決して陳腐な作品に陥らない努力が感じ取れる。

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆


「しぼりたて」伊藤晶子さん(染色)の作品は、色鮮やかで生命の根源のような生命感溢れるイメージ


「みえたはずなのに」小木曽宏光さん(陶器)の作品は、壷の上に中を隠すように白い棒を載せている。ようくみると般若心経の文字が刻まれており、悟りの心境を表現しているのか?とも考えさせられる


「〈漆彩〉昭」佐々木敏彦さん(漆)の作品は、今までにないようなグレーのバックと明るいグラデェーション。まるで宇宙の映像を見ているかのような気分にさせられた。


学芸員企画の根羽村在住で「写真新世紀公募展」で優秀賞を受賞した土井弘介さんの
「平成箱詰人類図鑑」。エレベーターの中の人の模様だが、よく許可を得てなのか分からないが
この場所でシャッターがきれたなぁと思う。まず客観的に観る事のない空間であり〈自分が乗らない限り見れない場所だから)眼の付け所がいいなぁと思った
 
スポンサーサイト
- | 22:08 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/341
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.