アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第10回現代の創造展〜洋画編
 3/7(月)まで、飯田市美術博物館で『第10回現代の創造展』が開催されている
観覧料が大人310円で月曜日休館。開場は9:30〜17時まで
日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書道の6部門と学芸員企画の計144点と長姫高校美術部の展示
洋画部門は41点

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「Cat house」野口ゆかりさんの作品は、まず女性の生々しいようで不気味さのある顔に眼が行ってしまった。去年の南美展では下からのアングルの迫力のあるかわいらしい猫を描いたが、今回は壁と一体となって空想しているようにも見える。人物と猫の組み合わせは彼女の作品に以前もあった記憶があるが、後ろを向いていたり今回ほど主題的に人物を捉えた作品は初めて見た


「弁(はなびら)」代田ゆかりさんの作品は、おそらく目の細かい綿にアクリルで描かれたのだろう。
よく綺麗な色彩の作品で楽しませてくれるが、今回はよりマクロな視点でまるで写真のように描かれている。それでも、ところどころにある斑や色の塊から体内のようにも見え様々な意図が含まれているのだろう。


「麦畑」近藤二美さんの作品は、一見すると何が何だか分からない抽象画。でもその所々には実った穂が見え、またひし形の枠取りや幾何学模様の三角形が散りばめられていて、肉眼では見えない何かを啓示しているのかもしれない。勢いのあるリンゴの木の近藤さんというイメージがあるのだが、今回は麦にスポットが当てられている。


「白ぼたん」牧内則雄さんの作品は、日本画調の立体感と雅な雰囲気がある。この方の作品を見た記憶がなく南美の役員の方にたまたま伺ったら、「今回始めて出品を依頼した方で技法もアクリルと岩絵具を使ったミクストメディアではないか?」と。新しさのあるこれからの作品が楽しみな作家の一人だ


「作業所展望」熊谷久洲男さんは、どこか自分の居場所のような落ち着きの得られる作品。と言うのも、よくこの構図や題材が描かれているのだが、今回はなぜか塗り重ねられた重みや迷いの無い境地の居心地の良さのような気持ちにさせられた。明るさが増して荒廃的なイメージが起こらなかったからかもしれない。
スポンサーサイト
- | 22:36 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/342
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.