アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
3Dあーとほーむ10周年作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
2/23(火)まで、中電ふれあいギャラリーで『3Dあーとほーむ10周年作品展』が
開催されている。3Dあーとの作品35点の展示



嶋村親生講師の下で活動している「3Dあーとほーむ」の10周年記念展
今回は鼎公民館と天竜峡あざれあのメンバー13人による合同展。
3Dあーと=シャドーボックスとは同じ図柄の紙を4,5枚使って浮かび上がらせたいところを切り抜き、ずらして貼ることによって立体的になる。貼る時にはシリコン樹脂を用いて丸みをつけたり様々な表現が出来る。
シャドーボックスの前に立つと思わず様々な角度から覗きたくなる。それは、箱の中にある世界に足を踏み入れる事につながる。繊細な切抜きや丸み、ツヤなどどの作品も見ていて飽きない

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

前澤登貴子さんの作品。ギターの弦の細かさや木の部分の丸み、そして年季のありそうなツヤと
見応えがある。特に写真では立体感は分からないと思う


橋本眞紀さんは、気品のある花。カラーだろうか?細かい絵柄が多い中で
シンプルさが目立つ


もう一つ、前澤さんの作品。独特のツヤと銀粉が散りばめられていて
幻想的な雰囲気。


原由利子さんの作品。伝統的なアント・ピックの絵柄。左上のテントの質感や石がよりリアルに見えた


ワンちゃんは毛の一本一本まで細かく切り抜かれていた。そこまでするのかと感銘を受ける
スポンサーサイト
- | 17:48 | - | - |
コメント
from: 舞姫   2010/02/22 5:49 PM
実物を拝見してきました。
PCで見ると、絵画のように見えますが、実物は絵画というよりアートですね。
今、流行(?)の3Dアート絵本のような・・・
幼き頃に見た「飛出す絵本」のような・・
そんなものとは比べ物にならないような繊細なアートに感銘いたしました。
確かに、いろんな角度から見たくなりますが・・素直に正面から見て、浮き上がってくる雰囲気を楽しむのが夢がありますね。
「だまし絵」とは違うような・・アートの世界。
舞台セットのような作りの絵に、いつもの癖が出てしまい
空想の世界に入ってしまいました(笑)
絵画とは違う新たなアートを知りました。

PS
会場の方に「どちらでお知りなりましたか?」と尋ねられてしまい、つい・・こちらのページからと答えてしまいました。すみません
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/344
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.