アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第10回現代の創造展〜日本画・版画編〜
JUGEMテーマ:美術鑑賞
 
3/7(日)まで、飯田市美術博物館で『第10回現代の創造展』が開催されている
観覧料が大人310円で月曜日休館。開場は9:30〜17時まで
日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書道の6部門と学芸員企画の計144点と長姫高校美術部の展示

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「猿」矢澤 清子さんの作品は、毛の一本一本まで繊細な筆致で描かれている。
作者の動物に対する愛情の温かみが感じられる


「庭園図〜十石十色〜」上村朱里さんの作品は、日本画独特の平面さとそれによるデザイン的な
趣向が感じられる作品。屏風風に横に繋げたサイズに独自性があるが、限りなく特色を廃しているのが彼女の特色のような気がしてくる。 


「静かな日」今村 晴雄さんの作品は、水の表現が巧みで清々しい気持ちにさせてくれる。


「Tangled 10-1」尾曽 美和子さんの版画は、地下でうねうねと生命の誕生のような神秘的な動きが表現されているようだ。立ち止まって観ることによって、徐々に見えてくる世界があるような想像を掻き立てられる要素を持っている


「チャイニーズティー」安藤 睦子さんの作品は、一息入れたい気持ちにさせてくれる軽やかな雰囲気。でも、写実でなく抽象でなくの中間に位置していてファッション的なセンスの良さが感じられる。
スポンサーサイト
- | 22:23 | - | - |
コメント
from: 舞姫    2010/03/05 5:58 PM
久しぶりの芸術鑑賞に満足してきました(^¥^)V
地元で日常の中で作品製作に頑張っている方々の情熱を感じました。自身の励みにもなりますね。
「猿」の絵は・・少しだけ微笑んでいるように描かれているのか?・・一人(?)を満喫しているようなお猿さんの哀愁がにじみ出ていました。

「街角」という絵・・どこか懐かしい昭和を思わせるような風景なのに、人物が現代風で・・今にも動き出しそうな・・
映画の1シーンをみているようでした。

「山の畑」・・麦の穂が前面に描かれていて、「麦秋」という言葉を想像してしまいました。

今、流行りの「猫カフェ」を思わせるような猫の絵
猫を形にテーブルと椅子
猫好きにはたまりませんね〜

いつも癖(へき)で・・絵の前で空想してしまいました(笑
絵画に囲まれていると、一瞬、現実がわからなくなってしまうのは・・私だけなのでしょうか?
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/350
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.