アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
グリーンハパレット会員展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

24(火)まで、吾妻町の中電ふれあいギャラリーで「グリーンパレット会員展」が開催されています。
風景画を始め静物や人物、スケッチ旅行に出掛けた港町の風景などの油彩画と水彩画の展示。

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆



グリーンパレットの前身は、「飯田創造館油絵クラブ」で約30年間続いていたが、会員の高齢化に伴い活動を夜から昼間に変更したきっかけで、昨年の7月にグループ名を変更。以前からのメンバーも含め幅広い年代層が活動している。
以前は講師の指導を受けていたが、会員はベテランが多くその個性を生かせるようにお互いに研鑽しながら活動しているという。

*撮影には、関係者の了解を得ています

「ばら」細澤恒雄さんの作品は、色の微妙なグラデェーションがバックに施していて、葉や花は色を重ねて立体的な雰囲気が自然に伝わってくる気品ある作品。


「芸術村ラーリューシュ」小池シゲ子さんの作品は、建物を正面から捉えたノスタルジーを感じさせる作品。
下地に塗られた色が深みを増しているのが感じられる。平面の絵ではあるのだけど、建物が立体のように浮き上がって見える。


「湖畔ー河口湖」久保田清さんの作品は、風景画で綿密に描かれている訳ではないのだが、色の組み合わせやバランスでより写実的に感じられた。黄金色がとても綺麗で印象的だった


「赤いブレザー」吉沢一三さんの作品は、顔を色目だけで表現した大胆な作品。
彫刻を見て描いたかのようなデフォルメがとっても絵画的


「都会への道」古田武喜さんの作品は、数日前にたまたま同じ場所に立ったので作者と共感できた作品。
実際の風景と違って、バスがどこか昔を彷彿させる雰囲気。写真と比べてみると、作者の印象で見ている風景を探る事が出来る。


「CALLA」竹内恵子さんの作品は、花の香りが広がっていく様子まで伝わってくるよう・・・
白い花の肉厚感までが表現されている。
スポンサーサイト
- | 17:44 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/369
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.