アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
大恐竜展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


大恐竜展(上郷小学校司書教諭:椚谷敦子(くぬぎたに)さんの作品展)が
下条村の「あしたむらんど下条で開催されている。恐竜は全部で4体。
場所については、こちら
あしたむらんどの中に図書館が入っている。

あしたむ


小学校にある読書週間のキャラクターとして
今回巨大な恐竜を設置しました。図書館のキャラクターになれば…
造るのにあたり、豊橋市自然史博物館などに立ち寄って研究をした。
天井までの高さが3mあり、いっぱいに使おうと思った。
また、ただ単に模型を並べるのでなく
より親しみ易くストーリー性を出して並べてみた・・・・と椚谷さん。


*ここでご紹介しているのはごく一部です。
もっと、様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

まず入って眼につくのは、大きなティラノザウルス
その前にある椰子の木もその雰囲気を醸し出している

テラノ


そして、上にも飛んでいる(名前が分からない…)
よく見るとワイヤーで何本も吊っている。
ダンボールで出来ているとはいえ、これを高いところで固定するのは大変だと思う。
その分、迫力が出てる。
下に色が欲しいところだったかなぁ…

鳥

ティラノザウルスの後ろ側には説明がされていて
ただのモニュメントでなく、学べる配慮も

説明

そして、逃げるかのように堅そうなこおらをまとった恐竜が展示されている。

低い


ちょっと、ティラノザウルスの土台が気になったので、
足をアップで撮影。
ダンボールの強度がでるように上手く使っていた

足


あと、もう一体入口のところに居た。

余談ですが、ここにギャラリーがあるんですね。
あまり、情報誌とかに掲載されないので知らなかった

ギャラリ

もう一つ余談で…
下条っ子に雪ぶつけられた。。車運転中に!!
少し前から、道の上空を雪玉が飛び交っていて、危ないなぁと思ってたら
完全に狙ってぶつけてきた。側面だったけど…
ちょっと、あの辺りの下校時は注意が必要だ!!

続きは、山本武夫さんの画集について
山本武夫画集(50周年)
〜コレクションや待合室の読み物として、地元作家の作品集いかがですか??〜

今なら、原画5万円分がついてくる先行予約当店で受付中!!

sakuhinnsyuu
スポンサーサイト
- | 22:25 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.