アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
しろたゆかり展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/2(水)まで、阿智村浪合のミュー自然美術館で『しろたゆかり展』が開催されています。
入館料:500円(大人)コーヒー他セット券700円
ザクロやダリアを岩絵具等で描いた大作を中心に約20点の展示

*撮影には作者の許可を得ています



しろたさんは、2009〜11年連続で日仏現代美術世界展でパリ国際サロン賞を受賞、12年には高遠の四季展で秀作賞、ホルベイン版画コンクールで優秀賞を受賞している。また、ゆかり絵画教室を始め飯田創造館やサントピアで講師を務めたりとこの当地で知名度のある作家さん。
現代の創造展とかで、グラデェーションが鮮やかな花びらの作品が印象的ではあるのだが、今回はそれとは対照的にマットな色調で装飾的な箔をふんだんに使った作品が並んでいる。
ザクロとダリアと言う2つのモチーフのみを、様々な形の変化や動き、印象の違いを示しながら展示している。「対象をよく観察して得られる感動を表現している」と作者。個展でテーマのようなまとまりがあるのも、追求している意気込みが伝わってくる

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、見易くなるように一部加工を施しています。
尚、ここでご紹介しているのはごく一部だけでもっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「熟する」SMx3、綿布、染料、パステル
全体を同系色でまとめることにより、抽象画的なイメージの広がりが感じられる作品。
ざらざらとした表面のマチエールが、眼に見えない空気感に興味を抱かせられる。


「柘榴(ザクロ)曼荼羅」Ф30cmx9 綿布、岩絵具、金箔、染料
様々な形の変化にスポットをあてて捉えた印象。並べると「なぜ、ここの位置にこの作品を選んだのだろうか!?」と作者の意図をついつい想像してしまう。私が注目したのは、右下の上に向かって放出された種。それにより上えと解き放つ前向きなパワーを感じられた。また、背景が金箔と臙脂色とのバランスも整って配置されていて、9個がまとまった作品としてのメッセージ性に思いが馳せる。


「象徴」F150号、和紙、岩絵具、金箔、色鉛筆
会場の奥にある一番大きな作品。バックの四角い模様が自然にはない異次元の場所のような印象を与えている。
実の様々な場所や大きさと色合いから、何か人の性格のような抽象的な要素にまで想像が膨らむようだ。


「ダリアと鱗雲」91x182の3枚、和紙、岩絵具、金箔、銀箔
入って左側に展示されている大作3点。その中の一番右側の作品で、花びらの影になっている部分の暗さが力強く立体的で吸い込まれそうな作品。


真ん中にあった作品。上とは対照的に平面的で色合いは工芸品のようなイメージのする作品。こんな多彩な箔があるのか?とも思ったが、説明を見る限りでは箔の上から色を重ねているようだ。写真では分からないが、花弁の一枚一枚に凹凸があり本当に重ねている。多分和紙を重ねたのだと思うが、その過程を想像すると途方もない制作であることが浮かんでくる



版画の作品は、平面的でリズミカルな雰囲気が伝わってきた




続きは、別室の様子
 
ミュー自然美術館に行って、屋根裏に展示してある「木下佐智子」さんの軍手を使ったかわいらしいお人形の世界に触れられるのもとっても癒される時間。この階段を登って見えてくる作品世界が自分だけが触れられる世界のようで面白い。
場所の圧迫感もいいのかも知れない




他方、別室にある松澤登美雄さんの作品は、全国的な注目を集める農民美術と言うジャンルの第一人者。
その人物の喋り方までが聞こえてきそうだ…
   
スポンサーサイト
- | 22:06 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/374
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.