アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
梅本 上子 七宝作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/2(水)まで、阿智村浪合のミュー自然美術館市民ギャラリーでは『梅本上子 七宝作品展』が開催されていた。
30号〜SMサイズまでの額絵、ペンダント、なつめ、容器や皿、壺などの七宝作品の展示



*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、見易くなるように一部加工を施しています。

「ゆりの香り」は、細かいざらつきがその香りを表現しているようにも見えた


「花薫風」はグラデェーションが綺麗で、ずっと見ていると花や葉っぱが前に浮き出てくるようだ



「朝靄」は、一番大きな作品。パズルを組み合わせたかのようなひび割れが、認識を組みあわて見ているかのような
空想と重なる。見ているだけで、重厚感のある迫力ある作品


壺は、コミカルな線の色の変化が自然で、全体的に古風な雰囲気の風情に新しい風を吹き込んでいる


「なつめ」は、お茶を入れる道具。幾重にも重ねられた銀線が珠玉の逸品の趣き。
スポンサーサイト
- | 23:51 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/375
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.