アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
時展〜AD2014〜佐々木桂子展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/10(木)まで、高森町牛牧のミュージックアートカフェクイーンで『時展〜AD2014〜佐々木桂子展』が開催されている
細長い作品から12号位までの水彩画15点の展示

*撮影には、作者の許可を得ています



透明水彩でありのままの植物を描く「手描室」の講師を務めている佐々木さん。
その作品は、優しくとても繊細だ。
教室の生徒さんには、画力とかでなく植物そのものの持つ生命力や神秘さをよく観察して表現するように伝えている。植物の持っている本質的なものが素晴らしいのであって、その絵に自分のカラーを入れてしまっては良さがなくなってしまう。。と
言われている内容はもっともだと思えたが、それを形にするのは大変だと感じられた。
それだけに、奥深い探究心を持って取り組んでいるのだろう。

*写真では実際の迫力や立体感は伝わりません。また、見易くなるように一部加工を施しています。
尚、ここでご紹介しているのはごく一部だけでもっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「待っていてくれたバラ」は、全体の中で一際鮮やかな色彩でインパクトがあった。先生の作品の中でも珍しい色彩ではないかと思う。他の作品を描いていた時に、このバラがしおれかかっていたのを水を入れたバケツに入れて、4日後に花が開いたと言う時の偶然で「絵に描いてもらうのを待っていた」と思えた作品らしい。。


「音」は、こじんまりとしている配置ながら色のバランスがよく洗練された印象を受ける。タンポポの綿がフワーと描かれていてそこの空間に思いを馳せられる。そこに表現されているのは聞こえてこない音のようなオーラなのかもしれない


「チューリップ」は花弁が落ちた後の種が出来ているのに意外な発見をしたと言う作品。咲き誇っている絵はよく見るのだが、落ちた後の植物の姿にも誠実な眼差しが向けられている


「なにわいばら」は植物の名称。開花している花は3つだけなのにもっと一面に咲いている印象を抱いた。ヘビイチゴの実も添えて緑の葉にメリハリを与えている。


「夕(一)」はとても叙情的な作品。夕日の最後の頃合の稜線の強さが印象的。この時間帯は、景色の輪郭線がはっきりと見える


 
スポンサーサイト
- | 02:51 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/376
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.