アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第1回「じゅんのびハウス」作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

6日までの期間で、飯田創造館で第1回「じゅんのびハウス」作品展が開催されていた。
講師の森本さんの絵画教室による平面・立体の作品約100点と森本さん自身の作品25点を展示していた。

会場全体図と表題のじゅんのびはうすの一部拡大図
 

じゅんのびハウスは、特定非営利活動法人ニードケアが運営する小学生から高校生までの発達障害児療育施設で、2011年に上郷黒田に開設された。発足から3年間の活動を地域の方々にも見て貰おうと今回初めての作品展を企画した。
また、岐阜県瑞浪市在住の森本彰さんの絵も見てまらおうと、入って左側の壁に自身の作品を並べた。
一つの作品が仕上げるのに、3年ごしのこともあると言う森本さん。制作には終りがなく追求していく性分で、レオナルド・ダ・ビンチと似ているスタイルかもしれないと話されていた。

中央に置かれていた作品。タイトルはなく、遊びながら色を楽しんで塗っている様子が眼に浮かんでくる。


「マリオとピーチひめ」ブロックと言う制限のある素材で正確な色の配置で表現している


「エボリューション」は、胴体が見当たらず全てが腕のような足のような立体物。クモとも違って前後も判別しない


「虹色なかま」は、色が拡張していくみたいにのびのびとしている印象。画材が面白いのだと思う。描くよりも塗り込んでいく事が先にあるような作品。


森本彰さんの作品は、超リアル。一見写真かと自然に思う作品。しかし、よくよく見ると色のはみ出しだったり歪みだったりが発見出来て、それが絵としての奥行きと温かみを醸し出している
「白い道」P15 アクリル画 凍てつく温度までが伝わってくる作品


「岐」P10 アクリル 線路の白の太さでかろうじて人の手が加わっていることが認識できる作品


「蛍村」水彩F3 日本画を思わせる穏やかで柔らかい印象。アクリルでリアルに描かれた人物も並んでいたが、この暈した表現がより人物を引き立てているように感じた。顎の境界も線が入るわけでなく、少しの色調の変化で表現されていた。
スポンサーサイト
- | 23:05 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/379
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.