アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
宮井啓江展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/18(金)まで、下久堅小林の宮井宅で『宮井啓江展』が開催されている。
50号までの仏画や植物画、団扇などの作品約35点の展示及び販売をしている。

*撮影には主催者の許可を得ています



毎年開催されていて自宅での開催は15回目。仏画は6月に開催した東京の銀座での画廊で展示したものを中心に並べているが、置くの座敷に展示している植物の絵はここ2ヶ月位の間に描いた最新作が並んでいる。
仏画は立ち姿だけでなく自由に空を舞っているような動きのある作品もあり、眼に見えない妖精と同じような印象を受けた。また、この時期の開催に合わせて、「涼」を感じて貰おうと団扇に始めて挑戦し、日本画独特のはかないイメージというよりはデザイン的な仕上がりになっている。
目指しているのは「少しでも現実を忘れられるような絵で、作品を観た人がちょっとでも違う世界に行ってもらえたら、私としては幸せ」と宮井さん。
また、道徳を記した絵本の挿絵も手掛けていて、こちらは色鉛筆でファンタジーでなくかといってリアルでなく、個性的な雰囲気を漂わせている絵本で入り口で見る事が出来る。
宮井さんのブログはこちら

*写真はよりはっきりと見易いように多少の加工をしています。当然実際の迫力や立体感は伝わってきません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「聖観音」は、バックを強い赤で塗りやや誘惑しているような表情の観音様


「不動明王(あじさい)」は、身体にあじさいが描かれていて観る者に一瞬驚きを感じさせられる。
よくよく観ていると、男の中に持っている華やかな意志が現われているようにも見えてきて、イメージが色々と膨らんでいく。バックや横に植物が配置される作品はよく見るが、身体の中から浮き出ているような作品は発想の巧みさを感じさせられる。



「朝顔」は、マット台紙にも描かれた広がりのある作品。台紙の色の違いからその上に描かれた線がメリハリがはり観ていて心地が良い


団扇は、表と裏でまるっきり違う色使いの物やドクロと言った涼を感じさせるものも並んでいた。
  

「楽・夏(どくだみ・つゆ草)」は、宮井さんの仏画の特徴を現しているような、繊細な顔のパーツの線や滑らかな一筆描きが際立っている作品
  

「千手観音」は、風を思わせるような抽象的で動きのある作品
スポンサーサイト
- | 23:55 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansyou-art.jugem.jp/trackback/382
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.