アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
感受性がUPする瞬間!?
JUGEMテーマ:美術鑑賞


先日、行われた飯田女子短大の教員展を見に行ったときの事・・・

色々な作品に、このブログを通して鑑賞しているが
苦手な分野もある。

その一つが、織物。

正直、それからどんな世界を想像できるのか?
男性的には合わないのではないか?等と、言い訳に近い理由をつぶやきつつ
見ていたりする。

しかし、「毛布、#54−BMW」を見ていると

織り

・・・・、次第にこんな布を自分の部屋に飾れたらいいなぁ
なんか、アジアンっぽいし、
そう言えば社会人1年目の時、寮でそんなような布買ったっけ??
でも、あれはこの作品と比べると薄くて線も単純で
やっぱりこの作品のほうが手が込んでいるのだろうなぁ〜〜
この模様、何に見えるかな??僕だったら雨だな。。
どこかに手作りの良さはないかなぁ
う〜ん、まばらな濃さ。これも見方によっては霧のような靄に見えるかも
やっぱり、雨かも知れない!!

なんて、事を思ったりしている。

次に見た染色の糸
染色

さて、この作品から何を感じるのだろうか??と一瞬不安になる。
掛けている金具がインテリアっぽい!!などと思いながら
作品ではないので、作品を見る。
・・・・・・・
そう言えば、年初めの旅で、急遽Book オフに駆け込んで買った小説
「キスまでの距離」 (著:村山由佳)の主人公が恋した女性は
染色を専攻している大学生で後に美術教諭になっていたなぁ・・・などと思い出しつつ

そうすると、そのストーリーの世界と作品がリンクして見えてくる
少し、親しみが持ててくる。
あ、染色って版画とかと同じような偶然の産物だよなぁ〜〜
出来上がってみないと分からなくて、2度と同じ色合いが出ないような・・・
等と思ったりする。

本当は、染色に使う材料とか絞り方とかの知識があればもっと深く考察が出来るのだろうが??

でも作品を見る時は、正面で足を止めて、少しぼけーーとする。
そうすると、自然に自分の体験とかとリンクして
親近感が増してくる!!

そう、始めから「どうせ見ても分からない!!」と自分の扉を閉めてしまうと
作品から何かを感じる事が出来なくなってしまうのかもしれない。。

作品を見ながら、実は自分の内面の気付きを促してくれているのかも知れない。
この効果は、日常生活や人とのコミュニケーションで大きな力になるような気がする。
アートの力…そんな事をふと考えてみる事の出来た展覧会だった。

と、同時に俗っぽい結び付け方で
まだまだ自分の中の経験や知識が足りないなぁと思った

今回の続きは、19日から始まる地元作家による美術展
「現代の創造展」について







2/19(火)〜3/9(日)
第8回現代の創造展
場所:飯田市美術博物館
観覧料:大人310円・高校生200円・小中学生100円
休館日:2/25、3/3
現代の創造展
スポンサーサイト
- | 16:32 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.