アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第8回現代の創造展vol2〜日本画〜
JUGEMテーマ:美術鑑賞


19日火曜日から飯田市美術博物館で
「第8回現代の創造展」が開催されている。
日本画・洋画・版画・彫刻・工芸・書道の6部門と学芸員企画の計140点が並んでいる
観覧料は大人310円、高校生200円、小中学生100円。

開催趣旨などは現代の創造展vol 1から

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「ぼたん」辻芙三子さんの作品は
花が浮き出てくるようにバックに金箔を貼っていたりと、日本画の特長がよく出ている
力強い作品になっている。植物だが迫ってきそうな勢いがある。

ぼたん

「龍角峰」仲村良一さんの作品は
一昨年に確か日展でも展示されていた題材。本当にそう見えるのかは分からないが
観音様と岩が一体になって見える神秘的な作品

龍角峰

「思い」宇井久雄さんの作品は
遠くからも目立つ鮮やかな紅色が全体に広がっている。心象表現として巧みに背景に
強い色を配し、その場所に壁があるのか地に着いているのか分からない空間を作リ出
している
思い

「看る」後藤修さんの作品は
チラシの明るさとは対照的に絶望的に近い印象を受ける人物が描かれている。
身近なテーマであるが、後藤さんの生活感ある作品を観たのは
始めてのような気がする。(清涼感のある風景画のイメージがあって・・・)
看る

「竹やぶ」井上和泉さんの作品は
竹の長さを上手く演出している。また、筆のタッチが細かく繊細に描かれ
道が伸びていく遠近感の暗さと空の明るさが絶妙なバランスで描かれている

竹やぶ

今回の続きは、現代の創造展と創造展(飯田創造館で開催中)について
2/19(火)〜3/9(日)ジョギング開催中
第8回現代の創造展
場所:飯田市美術博物館
観覧料:大人310円・高校生200円・小中学生100円
休館日:2/25、3/3
現代の創造展

2/22(金)〜26(火))ジョギング開催中
第27回創造展
場所:飯田創造館(小伝馬町)
観覧料:無料
写真は昨年のパンフレット
創造展
スポンサーサイト
- | 06:29 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.