アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第27回 創造展〜見てほしい この作品!〜2
JUGEMテーマ:美術鑑賞


第27回 創造展〜見てほしい この作品!〜が
今日まで飯田創造館で開催されている
59グループ660人余りの作品が一同に展示されている

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

水彩画クラブ創水会は、代田ゆかり先生のご指導の下、30代〜80代までと
年齢差と力量差のあるなかで、月2回(第1・第3火曜日)和気あいあいと楽しく
勉強を重ねている。(会員数25名)

飯田創造館篆書ノ会は、現在長野県書道協会長の笠原聖雲先生を講師に、去る27年前
より篆書篆刻の講習会を始め、現在20名程度で張り切って月2回精進している。この間
、日展讀賣県展等多くの方が入選入賞暦を誇っている。初心者の方でも大歓迎で
入会を受け付けている。(会員数15名)

そう水会・篆書

飯田版画研究会は、主に銅版画の制作に取り組んでいて、銅版画はエッチング・アクア
チント・メゾチントなど、酸で腐食したり専用の道具で傷つけたりしながら制作する。
表現したいイメージに近づくことや、印刷後初めて作品と出会う時の喜びが版画の魅力。
(会員数15名)

飯田書人会は、東海道書道芸術会長 豆子甲水之先生に毎月直接指導していただく会と
して、昭和55年4月に発足以来27年を経過した。趣味で学ぶ人から指導者として活躍する人まで、各要望に応えて下さる一線の指導は魅力的。(会員数50名)

版画・書人海

はなかげ会(創作人形)は、月2回第2・第4の木曜日を基に伝統工芸会の二宮先生に
お願いし、創作人形を作っている。木を形どりそれに桐塑で肉付けしボデー作り、布や
紙で衣装付けする。興味のある方、お気軽にご参加してみて下さい。(会員数10名)

真ん中にあった人形がとても繊細に出来ていたので
アップで撮影しました。

はなかげ会

うの花会は、片桐知子先生のご指導の下で、月1回(第3日曜日)の教室です。
初心者から経験者まで和気合い合いと楽しく学んでいる。手先を動かす事で
ボケ防止にもなりますよ。(会員数8名)

トールペイント・ブルーボネットは、グループ発足11年を迎えた。今年も2名の
新会員を迎え、一筆毎に創作の喜びを感じながら、和をモットーに月2回、小池妙子先生
に学んでいる。老若を問わず、誰でも描けるトールの世界、夢を描きにいらっしいませんか??(会員数15名)

うのはな・トール

切り絵冴の会は発足して10年余り、絵筆にかえてカッターナイフを用いて紙を切り込み
ます。影絵をもっと具体的にし、基本的に白黒の絵の世界を表現します。観察力・集中力・思考力・手先の運動と、自分自身の活性化に非常に効果のあるアート。絵を描くのが
苦手な方でも心配ありません。何事も一からのスタートです(会員数9名)

秋桜の会は、発会して8年目になり会員は14名。永坂裕子先生を講師に、毎月第2火曜日午前中に教室を開いている。お互いの誕生日にお祝いの絵手紙を送ったり、お礼状なども絵手紙にして楽しんでいる。絵手紙を描きながら色々情報交換も出来、気楽な教室です。

さいの会・秋桜の会
スポンサーサイト
- | 12:32 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.