アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「チャリンコ一人旅の一期一会」島崎敏一写真展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


「チャリンコ一人旅の一期一会」島崎敏一写真展が松川町の153号沿いの
喫茶アンサンブルで3月29日(土)迄開催されている。(日・月・祝日休み)
写真約50点と自転車、テント、装備品等

〜国境を越えた人との接触の大きな可能性と、明るい兆しを感じられる旅の報告〜

アンサンブルの場所やメニューについては
下の写真から
チラシ

挨拶文で、「東南アジアの人々の笑顔が子供も大人も皆輝いていた。」と説明があった。

確かに、展示されている写真の人は皆笑顔が輝いている。
でも、その人たちに向けてカメラを構えたツナ君がなによりも
その笑顔を惹き出せるオーラがあったのではないかなぁと思えた。

今回は、写真よりも旅先で書いた手紙や旅日記を思わず読んでいて
ついつい写真をじっくり鑑賞してこなかった(^_^;)

ブログでその旅の模様を伝えていて
簡単にパソコンから見られる
ツナ日記(夢の力プロジェクト)から
時代の変化を感じる。その日に感じた事が新鮮なままで文になって
距離を越えて共感できる。
普段の生活からなかなかこのような旅は実行出来ない。
いや、実行する勇気と根性がないだけなのかも知れない。
そんな、旅の疑似体験と価値が少し得られる展示でもある。

見ていて聞いて見たいことをツナ君に訪ねてみた

Q、今、この旅で出会った人で一番会ってみたい人は??
A,パキスタンの少女で、一緒にわらの上で遊んだりした。今後の成長する姿を見ていきたい。
Q、今後の冒険の予定は
A,今は大工の資格を取得する事で勉強中。でも、まだ具体的には経てていないがまた行きたい。今の僕の模様はもう一つのブログツナ日記-Toshi's Diary-
を見て下さい。・・・と、

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

まずは、21カ国、1年7ヶ月、2万1000kmの簡単な行程
世界地図


そして、全体の展示の模様
全体

テントも壁に掛けられていて迫力がある。

テント

風雨にさらされた、過酷な状況を物語っているバック
年季

そして、読みふけってしまったツナ君の旅日記3冊
(この日記の内容はツナ日記(夢の力プロジェクト)からも見られる
旅日記

動物と一緒の生活がわかる子供達の写真。

写真


余談だが、ここのパンプキンケーキは暖かいまま出て来て
さらにサービスで他のケーキの試食も出来た。コーヒーと一緒で500円

ケーキ

レジの前に並んでいる手作りのクッキーも見逃せない
クッキー





そう言えば、ツナ君からちひろ屋の皆さん宛てに送られて来た手紙を
じっくりと見たのだが、
東南アジアの所では文字が多かったけど
次第に絵が多くなってきた。
どんな心境の変化があったのかなぁ??
スポンサーサイト
- | 20:25 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.