アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
ボタニカルアート展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


ボタニカルアート展が鈴加町の飯田郵便局のコミュニティールームで、
3月14日(金)まで(但し、8,9の土日は休み)開催されている。

〜陰影の上手さと細部への緻密さが際立っている〜

kannban

植物画の世界における「ボタニカルアート」を翻訳すると「植物学的な芸術」となる。
植物を題材としたものに、学問的な「植物図」がある一方で、ゴッホの「ひまわり」の
ような究極の芸術作品まであり、ボタニカルアートはちょうどその中間に幅広く存在する。
植物学的な正確さを厳守しながら、その造形の妙、美しさを表現した絵画を伝えるべく
私たちの活動がその普及の一助になれば幸いです。

私たちは、ボタニカルアートの愛好者で豊丘村公民館と鼎公民館で学習しています、
また、一方個人でも家庭の余暇を利用して創作活動に励んでおります。
野山を歩き回り、春、夏、秋の開花を待ち、植物を知り、描く楽しみを味わいながら
得た成果の作品17点を展示致しました・・・との事

全体

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「ムクゲ」は、花もさることながらその葉っぱの生き生きとした感じが冴える作品
ムクゲ


「バルボフィルム」は、花の細かい毛まで描いてある緻密な作品バルボフィルム

「ニンニク」は、1枚1枚の皮の薄さまでが伝わってきそうな着彩で仕上がっている
ニンニク

「ナデシコ」は、難しい形をバランスよく構成していて、基本に忠実な雰囲気が
伝わってくる作品。
ナデシコ

「三葉の松」は、松ボックリが描かれていてその付きかた等、学術的な要素を感じる
作品。
三葉の松

「ぼっちょん南瓜」は、固い表面なのだがどこかみずみずしくも見え、新鮮感のある作品

ぼっちょん南瓜


今回の続きは、ピアノで遊ぼうについて






piano

日時 3月9日 (日) 13:30〜
場所:飯田創造館2F 201号室
入場料:自由
スポンサーサイト
- | 18:13 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.