アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
A列車で行こう!!
JUGEMテーマ:美術鑑賞


「"A"列車で行こう!」木村憲司写真展がカラオケ屋メトロポリスのメトロギャラリー(知久町)で
4月3日(木)まで、開催されている。
1968年の7月に映したSLの写真を中心に約40点展示している。
題名にも一つ一つストーリーが込められている

〜一番楽しかった頃の時間を思い起こす写真展〜

看板

映画の撮影の勉強にと映し方を色々と試した
その時のネガが見つかって今回展示したと言う。
カラーだったら再現できなかったかもと…
当時は、客車は電化されていたが貨物はまだSLだった。
場所は新小岩駅周辺
マットに書かれている題名は、今回の展示に向けて近年付けたもので
ジャズの題名や人物などもつけられていて
分かる人にはその世界が広がっていく・・・

全体

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「Love Me and Leave Me」は、車輪のボルトをアップで映した写真だが
題名からどこかもの寂しい雰囲気が感じられる。
Love Me and Leave Me

「Day by Day」と「What's new」は静と動の対比で並べた作品。
daybyday&whatsnew

「Tea For Two」は、機関車をカップに喩えた
tea for two

「Mr.Bojaqngles」は、アメリカの黒人で始めて化粧をしないで人前に出たアーティストと聞いた。
mr

また、マルセル・デュシャン「ロトレリーフ」と言う、眼の錯覚で立体的に見えるアートの
複製も展示していて、実際に遊び感覚で作品に触れられる試みもされている。
マルセル・デュシャンは木村さんが興味を持っているアーティストの一人だそうだ。
錯覚

今回の続きは、次回開催予定のお勧め展覧会について
次回、開催予定のお勧め展覧会(当店に寄せられている案内状)


3/15(土)〜23(日)
市瀬貞人作陶展〜炎の穴窯 陶芸一筋55年〜
場所:平安堂アートサロン(鼎名古熊)
itinose


3/19(水)〜25(火)
手描き室展(透明水彩による植物画) 
場所:中電ふれあいギャラリー
手描き室

3/20〜26(水)
宮井啓江展
場所:キング堂2Fギャラリー
miyai

〜3/29(土)ジョギング開催中
チャリンコ ツナの一期一会
ユーラシア大陸横断中に出会った人々
場所:アンサンブル松川喫茶コーナー
syasinnten

〜4/3(木)ジョギング開催中
"A"列車で行こう! 木村憲司写真展
場所:メトロギャラリー(知久町)
hagaki

3/28(金)〜4/1(火)
ー良庭散花ー 上村朱里 日本画展
場所:飯田創造館
29(土)18:00より会場にてギャラリートーク&レセプション(参加費2000円)
良い庭

4/16(水)〜29(火)
第85回春陽展
場所:国立美術館(六本木)
搬入日:4/3(木)4(金)
春陽展

4/23(水)〜5/7(水)
第68回日本画院展
場所:東京美術館(上野)
搬入日:4/10(木)11(金)
日本画院展

プレゼントのお知らせ

「ア〜トとの触れ合いを身近に」のブログを見たよ〜と
店で言って貰えれば、
アンカー、ムンク、ダリ他の絵葉書1枚プレゼント!!
(無くなり次第終了とさせて頂きます)
スポンサーサイト
- | 19:47 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.