アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第50回記念 日本水彩画会長野県展
JUGEMテーマ:美術鑑賞


第50回記念 日本水彩画会長野県展が長野市の長野県信濃美術館で
4月13日(日)まで入場無料で開催されている。

信濃美術館

搬入数・出品数は252点で、支部会員116点、一般135点、遺作1点という内訳
日本水彩画会の県展にあまり馴染みがなかったのだが、
今年は飯田・下伊那から出品する方も多く
一度見てみなければと言う思いに駆られて見に行ってきた。
水彩画と言う繊細で淡い色調の作品が多いのかなぁと思い込んでいたのだが
会場に入ると、油絵のように強い表現から
繊細ながらもはっきりとした色調。
複雑な要素の詰まった抽象画と様々な作品が並んでいて
始めの抱いていたイメージとは違っていた。
zenntai

近年、業界ではアクリル絵具の普及と共に
油絵離れが言われていて、油彩より水彩を始める人が多いと聞いたことがある
それを裏付けるかのような人気があった。
ただ、会場の仕切り方や
保護の為額縁に入れるアクリル板が、照明の灯りを反射していて
見る側にとって見辛いという印象は強く抱いた。
低反射のアクリル板もあるが、大きい作品が中心なので高くなる。
ガラスの仕切りの中に入っている作品は、アクリル板をつけなくてもいいのでは??と思ってしまうのだが…
人気

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

今回の作品で私が一番印象を受けたのは
SBC信越放送賞を受賞した「六月の部屋」伊豫田淳子さん(長野市)の作品。ため息が出そうなほどの
リアルさと細部へのこだわりの緊迫感があり、部屋の空気が伝わってくるようだった。
6gatuno花

「花」森川静江さん(松本市)の作品は、同じ花を題材にしているのだが
香りまでも感じられそうな勢いのある作品。
花

「彷徨の窓」碓田順彦(長野市)の作品は、隣からもその存在が気になった作品。インパクトのある女性の顔と青のくくりが
シャープな印象を与え、画面を引き締めている。彷徨(ほうこう)は、あてもなくさまようの意味。
そう思うと下男性の不安そうな顔の言わんとしている事がなんとなく見えてくる。
彷徨の窓

奨励賞を受賞した「師走の仕事」月野貴久さん(東御市)の作品も、繊細さが際立ち水彩ならではの明るさのある作品。
師走の仕事

今回のつづきは、額縁屋の余談について
yodann
善光寺に向かって左側に額縁屋さんがあるのを、以前にタウンページで調べて
なんとなく気になっていた店を発見した。
それが写真。
「信濃額縁本店」があったんだぁと新たな発見が!!
あ、でも犬塚画廊はこの本店とは一切関係ありません(^_^;)

外から見るととても入り辛く、店内にある物も少なさそうだった。
お得意さんに偏りがちなこの業界。
外見からの店のイメージが崩れてはいけないなぁと
改めて肝に銘じる事が出来た。
この店は今は主に押絵の教室として使われているらしい・・・
スポンサーサイト
- | 22:02 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.