アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
第50回記念 日本水彩画会長野県展〜vol2〜
JUGEMテーマ:美術鑑賞


4月13日(日)第50回記念 日本水彩画会長野県展が信濃美術館(長野市)で
開催されている。
看板

詳しくはこちらから
今回は地元飯田下伊那の作家さんを中心に観て行きます

*写真により実際と違う映りになっています。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「雨上がり」代田ゆかりさんの作品は、青くシャープな鉄の足の椅子が午後の一時を
語りかけているような生活感のある作品
雨上がり

「大平宿秋陽」吉川實さんの作品は、明るく道の先には幼い頃の幻想的な世界が広がっていそうな雰囲気がある
大平宿秋陽

「青芥子」伊藤定さんの作品は、絵具の凹凸がありアクリル絵具を使っているのだろうか?芥子の花をバックにした人形が
どこか艶気を漂わせて、秘密めいた伝統のようなニュアンスを感じる
青芥子

「旅立ちの日供廚歪耕郢圓寮蟻爾舛子さんの作品。花嫁さんの生い立ちがバックに描かれていて、成長の過程と晴れ舞台のギャップを
同時に表現している作品。
旅立ちの日
スポンサーサイト
- | 20:17 | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.