アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
「為体・物」ETAI・BUTU〜湯沢茂好展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/22(火)まで、上郷のアートハウスで湯沢茂好さんによる「為体・物」ETAI・BUTU展が開催されている。
家の近くの沢から真実を見出そうと再現した作品の陳列

*撮影には作者の許可を得ています



入り口のパンフには「物が最もその物(在)へいたるには、行為が真空を泳ぐ時場で自然を産み落す痕跡が頼りだ、行為在に言語を終えた丸ごと一個は塊と為って在に、丸ごと一本も魂となって在に、在は無機のみ観して心に着く。」と言う一節があり、創作を含めた行為のない所に精神が宿る芸術として、または本質的な存在を求めているような印象を抱いた。
それは、一言で言い表せなず掴みそうで、納得することを許されない先を見続けるような果てしのない境地への探求心を想像させられる。
本人曰く、「制作意図等の行為を含まない作動によって、物の真意が見えてくる。対象をそのままよくよく観察することで、野生的な感覚が備わり、人間となり得る。この展示は、家の近くの沢を見て、そこにあった物を使って再現したもの。
「存在とは何か?」をテーマに制作しているが、物と行為の関係に於いて今回は「物に任せてみた」。
今後は、もっと物に入り込んでいく作品を創りたい。木の中に入り込んでいくような…。それを創作するのにも行為が頼りである。」

*写真はよりはっきりと見易いように多少の加工をしています。当然実際の迫力や立体感は伝わってきませんので是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆



哲学的な追求を続けている湯沢さん。その一寸の妥協を許さない表現の探求が言語表現にも現われている。
大学受験の難関校の現代文にも匹敵するような奥の深い表現をしている文章が作品の解説をしている
   

近くの沢の移り変わりを20枚の写真で再現。これがあるので状況の予想がつきやすい。


近付いてみると、竹かごのような物の駆逐跡や人工的なゴミも。これらを考慮すると、人間がもたらす自然破壊や時の流れをも包含している作品と言えそうだが、そんな安易な意味付けをするな!!と言われているような気がしてくる。
作者の探究心が深ければ、見る側の立場もそれに合わせて妥協せずに向き合いたい。
これらが、ここの場所に運ばれてきた意味合いは何か?どんな運命によって今私はこれらの物質と対面しているのだろうか?考え出すときりのないテーマだ!!
たぐ展(タグチ・アートコレクション)〜みんなが見たかった現代アートはこれっ!!part1
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/19(土)〜9月28日(日)まで、松本市美術館で現代アートのコレクション展
『たぐ展★TAG-TEN〜みんなが見たかった現代アートはこれっ!!』が開催される。詳細はこちら



前売り券の販売締め切りが迫っていますので興味のある方は早めに!!
長野県でこんな現代アートを並列的に観られる機会はそうそうないのでは??と思える展覧会。

是非、リンクで見て貰いたいのだが、展示される作者の多さがとっても魅力。
私が現代アートに触れるきっかけとなったのが、2009年のネオテニー・ジャパンー高橋コレクションなのだが、
その展覧会を見た時は、「ふう〜ん」と言った感じの作品も多かったが、後になってその作者の名前や作品に触れたりする機会があると、捉え方が数段レベルが上がる。
アートに限った事ではないと思うが、親近感を抱くか抱かないかは感受性に大きく作用すると思う。
かといって、近すぎる親近感は分析して観る目を失いやすく、そのバランスが求められる。
自分の中だけで終われせるのでなく、誰かと共有したり伝えようと表現を探ることが、そのバランスを保つ方法だと思っているのだが…



今回この「たぐ展」をお勧めしたいのは、是非この展覧会の機会に現代アートの作者を知って欲しいから。
その知ること、作品を生で観て体験した記憶が、今後醸成されてアートを捉える感覚が鋭くなっていく、興味が増す事に繋がるきっかけになる展覧会でもあるので、是非足を運んで貰いたいと思います。

作者を知ると言う事で、「たぐ展」に並ばれる作者さんの作品を上のパンフの中からご紹介。
丸山 直文…1964年生まれ。「ステイニング」と言う下塗りを施さない画布に水を滲み込ませて描くことで故意に滲みを生じさせる技法を使う


鴻池 朋子…1960生まれ。絵画、アニメーション、絵本、彫刻とさまざまな作品を制作しているが、作品にはオオカミ、ナイフ、ハチ、赤いスニーカーを履いた足などが繰り返し現れ、独特の世界を展開させる


加藤 美佳…1975生まれ。卒業制作の油彩画「カナリヤ」のタイトルを冠した個展で鮮烈レビュー。ポーレレートは、画面ではきらきらと光の粒子が輝くが、近寄ると顔の産毛まで鮮明に描きこまれた緻密なディテールに驚く。だが、この少女は人形を撮った写真をもとに描かれているのでどこか不自然さが漂う

 
宮井啓江展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/18(金)まで、下久堅小林の宮井宅で『宮井啓江展』が開催されている。
50号までの仏画や植物画、団扇などの作品約35点の展示及び販売をしている。

*撮影には主催者の許可を得ています



毎年開催されていて自宅での開催は15回目。仏画は6月に開催した東京の銀座での画廊で展示したものを中心に並べているが、置くの座敷に展示している植物の絵はここ2ヶ月位の間に描いた最新作が並んでいる。
仏画は立ち姿だけでなく自由に空を舞っているような動きのある作品もあり、眼に見えない妖精と同じような印象を受けた。また、この時期の開催に合わせて、「涼」を感じて貰おうと団扇に始めて挑戦し、日本画独特のはかないイメージというよりはデザイン的な仕上がりになっている。
目指しているのは「少しでも現実を忘れられるような絵で、作品を観た人がちょっとでも違う世界に行ってもらえたら、私としては幸せ」と宮井さん。
また、道徳を記した絵本の挿絵も手掛けていて、こちらは色鉛筆でファンタジーでなくかといってリアルでなく、個性的な雰囲気を漂わせている絵本で入り口で見る事が出来る。
宮井さんのブログはこちら

*写真はよりはっきりと見易いように多少の加工をしています。当然実際の迫力や立体感は伝わってきません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

「聖観音」は、バックを強い赤で塗りやや誘惑しているような表情の観音様


「不動明王(あじさい)」は、身体にあじさいが描かれていて観る者に一瞬驚きを感じさせられる。
よくよく観ていると、男の中に持っている華やかな意志が現われているようにも見えてきて、イメージが色々と膨らんでいく。バックや横に植物が配置される作品はよく見るが、身体の中から浮き出ているような作品は発想の巧みさを感じさせられる。



「朝顔」は、マット台紙にも描かれた広がりのある作品。台紙の色の違いからその上に描かれた線がメリハリがはり観ていて心地が良い


団扇は、表と裏でまるっきり違う色使いの物やドクロと言った涼を感じさせるものも並んでいた。
  

「楽・夏(どくだみ・つゆ草)」は、宮井さんの仏画の特徴を現しているような、繊細な顔のパーツの線や滑らかな一筆描きが際立っている作品
  

「千手観音」は、風を思わせるような抽象的で動きのある作品
今週末の展覧会情報(7/11〜)
今週末、飯田下伊那のお勧め展覧会は、
*「写信州〜長野県生まれの写真家たち」 
開催期間 7月13日(日)が最終日!! 場所:飯田美術博物館 入館料:310円(大人)

職業人としてのカメラマンからフリーとなっている人など様々。ファインダーを通しての作者の対象への熱い眼差しがどの写真からも伝わってくる。絵画は、創作的な要素が多く一枚の画面の中に色々な思いを入れ込めるが、写真の場合は2,3枚と並べられてより強く個性が伝わってくる分野かもしれないと思えた展覧会。ここ飯田で滅多に観れないレベルの高い写真が並んでいる。
    

「宮井啓江展」
開催期間 7/11〜18(金) 10:00〜18:00 場所:宮井宅 (飯田市下久堅小林715)

仏画を手がける宮井さんの作品は、妖艶さや繊細さの印象を受ける作品が並ぶ。中性の仏様なのだがその立ち姿は女性に近いように感じる。それは、描線の滑らかな細さがそうさせているのかもしれない。その線を描く集中力に思いを馳せるとより仏様が神々しく見えてくる。また、この宮井宅も昔の庄屋で一見の価値あり!!
   

東京で開催されている展覧会のピックアップ!!
現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展〜ヤゲオ財団コレクションより」 場所:東京近代美術館
私が現代アートに触れたのは、ネオテニージャパン〜高橋コレクションを観に行ったのがきっかけ。
コレクション展は、様々な作家を並列的に見ることが出来て、比較対象やより多くの作者を知るきっかけを作ってくれる。
「現代美術のハードコア」を、「ミューズ」「崇高」「記憶」「新しい美」といったキーワードを使いながら10章に分けて展示いたします。・・・と説明があるように、キュレーターならではの鑑賞の提案型の展示会場も楽しみ!!


展覧会情報 (2014.7.11〜7.18) *は入館料必要

  〜 9/28(日) *企画展「古代の生きもの大集合〜氷の世界から海・陸・そして大空へ」   
  〜 7/13(日) *「長野県生まれの写真家たち」代表作品展 観覧料:310円(大人) 於:飯田市美術博物館(追手町)
〜 8/ 3(日) *特別展「高森の学校教育」 観覧料:200円(大人) 於:高森町歴史民族資料館(高森下市田)
〜 7/16(水) *藍と樹皮展/光とガラスの妖精展(市民ギャラリー) 観覧料:500円(大人) 於:ミュー自然美術館(阿智村浪合)
 

12〜 8/24(日) 特別企画「親子で楽しむ菱田春草」於:飯田市美術博物館(追手町)
〜 7/13(日) 写真集団アルプ第5回山岳写真展 於:飯田市美術博物館市民ギャラリー(追手町)
16〜 7/20(日) 第65回南信書道会員展 於:飯田市美術博物館市民ギャラリー(追手町)
〜 7/15(火) 第6回幽石書道会展 於:飯田創造館(小伝馬町)
17〜 7/22(火) みんなの風越山 於:飯田創造館(小伝馬町)
〜 7/15(火) 2014美大・芸大合格者作品展 於:中電ふれあいギャラリー(吾妻町)
16〜 7/22(火) 松尾南画教室作品展 於:中電ふれあいギャラリー(吾妻町)
〜 7/15(火) 竹かご展 於:アートハウス(上郷黒田)
17〜 7/22(火) 湯沢茂好展 於:アートハウス(上郷黒田)

  〜 7/13(日) 東方美代子超絶版画展 於:ふるさと村自然園(阿智村清内路)
  〜 7/14(月) 信州の陶芸作家15人展 於:かんてんぱぱホール(伊那市)
〜 7/15(火) 「ブッポウソウ」展 於:特別養護老人ホームかざこし(三日市場)
〜 7/18(金) 宮井啓江展 於:宮井宅(下久堅小林)
〜 7/27(日) 書の二人展(吉川鎭守・小町谷和安) 於:椋鳩十記念館(喬木村)
〜 7/28(月) 阿南写真クラブ作品展 於:農産物直売所「安直や」(高森下市田R153沿い)
  〜 7/31(木) 「水辺の鳥たち」写真展(滝川春満) 於:Fukuumeギャラリー(下久堅)
〜 7/31(木) 平成26年度飯田市立動物園写生大会入賞作品店展 於:りんご並木のエコハウス(本町)
〜 7/31(木) 福山幸雄写真展「南信景観」 於:ギャラリーカフェDECO(根羽村)
〜 8/ 3(日) 服部久美子〜kumi clover〜イラスト展展 於:カラオケメトロギャラリー(知久町)
  〜 8/ 5(火) 田間一二三「墨絵・細密展」 於:飯田病院整形外科前(大通)

飯田信用金庫
〜 7/11(金) 「かぐや姫工房」の竹細工 於:城東支店
〜 7/18(金) 刻粋会 刻字展 於:阿南支店
〜 7/23(水) 第19回「信州甍賞」入選作品写真展 於:駒場支店
〜 7/25(金) ウチョウランを楽しむ会 四人展 於:上飯田支店
〜 7/31(金) クラフト・ドール展 於:東野支店
〜 8/4 (月) 鎌倉龍雄写真展「女性アスリートの世界」 於:本町本店
〜 8/11(月) 豊丘水墨会展 於:豊丘支店

土・日のみの行事または講座のご案内
7/31〜5日 彫塑講習会 講師:城田孝一郎さん 場所:飯田創造館 受講料:1万円(全日程参加の場合)
 
当店に寄せられてるご案内
《宮井 啓江展》
7/11(金)〜7/18(金) 10:00〜18:00 場所:下久堅小林の宮井宅


《AKUIKO EXHIBITION VISION 004アラワレタカタチ》
7/11〜7/21(月) 10:00〜17:00 場所:cotton1598(育良町)


《新井敦夫「フランスの最も美しい村への旅」展》
7/25(金)〜8/5(火) 9:00〜17:00 場所:飯田創造館
アーティスト・トーク 8/3(日) 14:00〜 フランス全土に点在する村々を訪ねた体験記


《林 正彦展》
7/28〜8/2(土) 11:00〜19:00 場所:ギャルリー志門(東京都中央区銀座)


続きは、アート以外に感性を磨けるイベントのご案内
続きを読む >>
2014美大・芸大合格者作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

7/15(火)まで、吾妻町の中電ふれあいギャラリーで『2014美大・芸大合格者作品展』が開催されている
昨年度、飯田美術研究所で学んで合格を勝ち取った6名の鉛筆デッサン、デザイン、水彩画などの43点の展示

*撮影には主催者の許可を得ています。



合格した大学は、多摩美術大学や武蔵野美術大学、東京造形大学など様々。
今回展示しているのは、今年に入ってから制作された受験間近な完成度の高い作品が並べられている。
課題も複雑で、単なる形象だけでなくイメージして色彩で表現しなさいと言った抽象的な内容。
その難しいテーマに、自分の経験や印象を生かした作品が並ぶ。
「大学受験を目指し、毎日必死で描いた完成度の高い作品が並んでいるので、是非観に来て下さい」と講師の桐生 好さん。

*写真はよりはっきりと見易いように多少の加工をしています。当然実際の迫力や立体感は伝わってきません。また、ここでご紹介しているのはごく一部だけで、
もっと様々な作品がありますので、是非会場に足をお運び下さいませ(^_-)-☆

[モチーフ]コードリール、プラスチックコップの作品は、コードの微妙な明暗を細かく再現しつつ同系色のリールでその差を際立たせているように思えた。プラスチックのコップはそれとは対照的な色合い。作者:唐沢 優美さん


【課題】与えられたプラスチックカップ2個と手を構成し、鉛筆で描写しなさい 作者:井澤 祐司さん
 …に対しては、プラスチックの特徴の縦のラインを出しつつ、底が2重に縁取りをして厚さが感じられる。
人差し指は折り曲げて淵に掛けている様子が伝わってくる。


【課題】赤と青をテーマにして色彩表現しなさい  作者:井澤 祐司さん
…に対しては、男性・女性の洋服の特徴を捉えながら、しろ抜きした部分から腕を組んでいる様子が伝わってくる。
簡素ながらイメージが膨らんでくる作品。


【課題】アルファベット文字ABCに金属、ガラス、紙の質感を与え色彩で表現しなさい 作者:渡邉 くるみさん
…に対しては、文字と言う実体のないものに、その材質の透明度や柔らかさ、硬さ、面の様子などの特徴を考慮しながら描いていた。大きさも潜在的な印象を反映させているかもしれない。


【課題】今日も含め、あなたがこの3日間のうちに食べたものを思い出し、その食べ物をテーマとして色彩で表現しなさい 作者:清水 香央梨さん
…に対しては、単なるブロッコリーだけでなく、それを林に見立てて自然や農薬がテーマのように感じられた。
因みに余談になるが、私は課題の3日間のうちに食べたものを思い出しだけで、大変になってしまいそう…


【課題】あなたが季節を感じる風物詩を感じる風物詩を色彩で表現しなさい  作者:宮下 あかねさん
…に対しては、ナスが花火の灯りを受けてピンク色に染まる。そのグラデェーションが哀愁を漂わせているように感じられた


 
第1回「じゅんのびハウス」作品展
JUGEMテーマ:美術鑑賞

6日までの期間で、飯田創造館で第1回「じゅんのびハウス」作品展が開催されていた。
講師の森本さんの絵画教室による平面・立体の作品約100点と森本さん自身の作品25点を展示していた。

会場全体図と表題のじゅんのびはうすの一部拡大図
 

じゅんのびハウスは、特定非営利活動法人ニードケアが運営する小学生から高校生までの発達障害児療育施設で、2011年に上郷黒田に開設された。発足から3年間の活動を地域の方々にも見て貰おうと今回初めての作品展を企画した。
また、岐阜県瑞浪市在住の森本彰さんの絵も見てまらおうと、入って左側の壁に自身の作品を並べた。
一つの作品が仕上げるのに、3年ごしのこともあると言う森本さん。制作には終りがなく追求していく性分で、レオナルド・ダ・ビンチと似ているスタイルかもしれないと話されていた。

中央に置かれていた作品。タイトルはなく、遊びながら色を楽しんで塗っている様子が眼に浮かんでくる。


「マリオとピーチひめ」ブロックと言う制限のある素材で正確な色の配置で表現している


「エボリューション」は、胴体が見当たらず全てが腕のような足のような立体物。クモとも違って前後も判別しない


「虹色なかま」は、色が拡張していくみたいにのびのびとしている印象。画材が面白いのだと思う。描くよりも塗り込んでいく事が先にあるような作品。


森本彰さんの作品は、超リアル。一見写真かと自然に思う作品。しかし、よくよく見ると色のはみ出しだったり歪みだったりが発見出来て、それが絵としての奥行きと温かみを醸し出している
「白い道」P15 アクリル画 凍てつく温度までが伝わってくる作品


「岐」P10 アクリル 線路の白の太さでかろうじて人の手が加わっていることが認識できる作品


「蛍村」水彩F3 日本画を思わせる穏やかで柔らかい印象。アクリルでリアルに描かれた人物も並んでいたが、この暈した表現がより人物を引き立てているように感じた。顎の境界も線が入るわけでなく、少しの色調の変化で表現されていた。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.