アートとの触れ合いを身近に!!

飯田・下伊那(長野県)での展覧会の模様やアートに触れた感想等を犬塚画廊から発信していきます。
非言葉のコミュニケーション…その感じ方は
人それぞれで、想像してみる事が大事だと思います。アートに触れて感性UP目指しませんか??
当店のフェイスブックhttps://www.facebook.com/inudukagarou
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
松島拓良「ブリコラージュ」展
ア〜トとの触れ合いを身近に

喬木村の椋鳩十記念館で27日(木)まで
松島拓良「ブリコラージュ展」が開催されている。


中川村在住の松島さんによる、あり合わせの材料を使用した造形物10点を展示している。


まず目に付くのは、入って右側にある作品。

時を感じさせる使い古した観のある木材を外側で多い、
薄いピンク色がかったアクリルで作品を全体を覆っていた。
極端と思えるほどの世代の差を感じる…

時の流れが一つのテーマかなぁ!?

反対側の壁には、額縁に収まっているものと
置物がバランス良く配置されていて
センスの良い部屋に居るような雰囲気を醸し出している。
派手な色がなく全体的にモノトーン系の印象を受ける。
ファッション雑誌の1ページを再現されているように思えた。

全体」

真ん中にある作品の縁には
「安全第一」の文字が入っていて
どこかの工事現場で使われていた木材だろうか?
作者の発想のユニークさが出ている。
また、中味は何かの部品だとは思われるが、それが何なのか?
何を意味しているのか??は人それぞれに違った感じ方をするのだろう。

安全第一



最後に、ちょこんと置かれた本「求めない」加島祥三著の本があった。
松島さんに伺った所、
「この本で私が表現した思想が完結する」と言っていた。
まだ、この本を読んでいない私にとっては、その深い部分の共有は出来ないかもしれない。
また、「観る人が自由に何かを感じ取ってもらえれば・・・」と言っていた。
観る目を、感性を養うにはこの分からないものをどう捉えるかが必要だと思っている。
ここでの感想は、あくまで私個人の感じ方なので
それが、合っているとか間違っているとか白黒はっきりするものではない。
そんな、想像性溢れ鍛えられるアート鑑賞をしてみませんか??


PS
それでも、題名とかちょっとした観るヒントが欲しかった・・・・

展覧会情報
〜23(日) パッチワークに魅せられて 於:飯田市美博市民ギャラリー
〜25(月) 工房菜や、お正月  於:アートハウス飯田市上郷黒田
飯田信用金庫
〜26(火) レザークラフト展 於:橋北支店  〜28(金) 渡辺智恵・吉川徳子2人展 於:上飯田支店
〜28(金) H19地域文化功労文部科学大臣表彰受賞記念 「林和緒」展 於:駒場支店  
〜1/10(木) トールペイント展 於:上郷支店
〜1/18(金) 橋南折り紙教室「クリスマス・正月飾り」作品展 於:本店営業部ロビー

〜1/19(土) 流木アート・インテリア展 於:茶房「深山」(高森町)
〜25(火) 「ドローイング」山内孝一 於:風の谷絵本館(飯島)



(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.